徳川茂承

日本の江戸時代の大名

徳川 茂承(とくがわ もちつぐ)は、幕末大名紀州藩第14代(最後)の藩主。紀州藩第8代藩主・徳川重倫の実弟で伊予国西条藩第6代藩主となった松平頼謙の曾孫。初名は松平 頼久(まつだいら よりひさ)。

 
徳川茂承
Tokugawa Mochitsugu.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保15年1月13日1844年3月1日
死没 明治39年(1906年8月20日
改名 松平孝吉→賢吉→頼久→徳川茂承
戒名 慈承院殿剛健日純大居士
墓所 池上本門寺長保寺
官位 従三位参議左近衛権中将、権中納言正三位従二位侯爵従一位勲三等
幕府 江戸幕府第一次長州征討軍総督、第二次長州征討軍御先手総督
主君 徳川家茂→慶喜
紀州藩主→和歌山藩知事
氏族 西条松平家紀州徳川家
父母 父:松平頼学、母:玉蓮院
養父:徳川慶福(家茂)
兄弟 久松丸銐丸充千代徳之丞頼英徳川茂承、義兄:松平頼永
正室徳川則子
継室徳川広子
長福丸久子徳川頼倫室)、孝子(伊達宗陳室)、保子(松平頼和室)
養子:頼倫

目次

生涯編集

天保15年(1844年)1月13日、伊予国西条藩第9代藩主・松平頼学の六男(七男との説もある[1])として西条藩江戸上屋敷で生まれた。幼名孝吉弘化3年(1846年)6月24日、幼名を賢吉と改める。

安政5年(1858年)に紀州藩第13代藩主・慶福が徳川家茂として第14代将軍に就任すると、幕命により同年6月25日に紀州徳川家家督を継ぎ、紀州藩の第14代藩主に就任した[2]。翌安政6年(1859年)10月13日には元服し、家茂の偏諱を授かって頼久から茂承(もちつぐ)と改めた。文久2年(1862年)に上洛した際には孝明天皇に拝謁して天盃を賜っている。家茂の死後、茂承を将軍に推挙する動きもあったが、固辞して徳川慶喜を推した[3]

長州戦争では第二次征長軍の先鋒総督に任命され、附家老安藤直裕を先鋒総督名代とし、内政においては御用取次に登用した津田出に藩政改革を行わせた。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発した際、茂承は病に倒れていたが、徳川御三家の一つである上、鳥羽・伏見の戦いで敗走した幕府将兵の多くが藩内に逃げ込んだため、新政府軍の討伐を受けかけた。しかし、茂承は病を押して釈明し、新政府に叛く意志はないということを証明するため、藩兵1,500人を新政府軍に提供すると共に、軍資金15万両を献上した上、勅命により京都警備の一翼を担った。このため、新政府は紀州藩の討伐を取りやめたという。

明治2年(1869年)の版籍奉還によって和歌山藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県東京府に移住する。紀州藩主としての治世は13年1か月であり、この間の江戸参府1回、紀州帰国2回、紀州在国の通算は4年10か月であった[4]

明治6年(1873年)に皇居として使用されていた旧江戸城西の丸御殿が焼失した際には、旧紀州藩中屋敷(現在の赤坂御用地)を皇室に献納したことにより、金2万円を賞賜された。

明治政府が打ち出した徴兵令秩禄処分などの新政策によって窮乏しつつある士族を見て、「武士たる者は、政府の援助など当てにしてはならない。自らの力で自立するものだ」と、明治11年(1878年)3月に自ら10万円を拠出し、旧紀州藩士族の共有資本として徳義社を設立した。買収した田畑からの収入を用いて徳義中学校を開設し、窮乏する士族の援助育成に尽力した。

明治17年(1884年7月7日華族令により侯爵を叙爵し、明治23年(1890年)10月から貴族院議員を務める。日清戦争後、勲四等旭日小綬章を受章した。明治39年(1906年)8月、麻疹肺炎に罹り療養していたが、尿毒症を併発し、同年8月20日午後3時50分に心臓麻痺のため東京市麻布区飯倉町六丁目14番地(現在の東京都港区麻布台一丁目)の本邸で死去。享年63(満62歳没)。墓所は池上本門寺。菩提寺の長保寺には遺髪が埋葬された。家督は婿養子頼倫田安慶頼の六男)が継いだ。

逸話編集

  • 2歳下の家茂とは気が合ったらしく、家茂が最も親しく交わりを結んでいたのが茂承であったのと同時に、茂承も家茂を慕っていたという。茂承が第二次長州征伐で御先手総督として芸州口に出陣する際には大坂城の御座の間に迎え入れられ、家茂から直々に采配と陣羽織を授けられた後、人払いして2人だけで対面した。これが家茂との今生の別れとなった[5]

経歴編集

※日付=旧暦 墓所:東京都大田区の長栄山池上本門寺和歌山県海南市の慶徳山長保寺

栄典編集

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大植四郎編 『明治過去帳』 東京美術、1983年。
  2. ^ 『南葵徳川家略譜』 三浦英太郎、1918年。
  3. ^ 徳川宗英 『最後の幕閣―徳川家に伝わる47人の真実』 講談社〈講談社+α新書〉、2006年。
  4. ^ 小山誉城 「紀州徳川家の参勤交代」『徳川将軍家と紀伊徳川家』、清文堂出版、2011年。
  5. ^ 久住真也『幕末の将軍』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2009年。
  6. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  7. ^ 『官報』第1351号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 黄綬褒章下賜」1887年12月28日。
  8. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  9. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年7月1日。
  10. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  11. ^ 『官報』第6944号「叙任及辞令」1906年8月21日。

参考文献編集

関連項目編集