メインメニューを開く

松木 侠(まつき たもつ、1898年明治31年)3月9日 - 1962年昭和37年)7月10日)は、日本政治家弁護士、旧鶴岡市第8代市長栄典正五位勲三等旭日中綬章哲学者木田元の伯父。

略歴編集

栄典・授章・授賞編集

著作物編集

  • 1927年(昭和2年) - 『商租問題に就て』 大連商業会議所(出版)
  • 1930年(昭和5年) - 『商租権概説』 (南満洲鉄道株式会社パンフレツト:第73号に収録)

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1946年2月28日一面
  2. ^ 公職追放の該当事項は「満州国総務庁次長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、327頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日二面
  4. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。

参考資料編集

公職
先代:
国井重典
  鶴岡市長
第8代:1954年 - 1962年
次代:
足達兼一郎