メインメニューを開く

松本 文三郎(まつもと ぶんざぶろう、1869年明治2年5月) - 1944年12月18日)は、インド文化・仏教美術史学者。

加賀国金沢(現石川県金沢市)生まれ。1893年帝国大学文科大学(現・東京大学文学部)を卒業後、第一高等学校教授、1899年文学博士。1906年京都帝国大学文科大学インド哲学史教授、1908年〜1915年文科大学長、1929年定年退官、名誉教授。1919年帝国学士院会員。1938年東方文化研究所所長。「日本大蔵経」の編集、インド・中国の仏教遺跡調査にあたった[1][2]

目次

著書編集

  • 『心理学』敬業社 1897
  • 『印度雑事』六盟館 1903
  • 仏典結集 仏教史論』文明堂 1903
  • 『極楽浄土論』金港堂 1904
  • 『新論理学』金港堂 1904
  • 宗教哲学』丙午出版社 1906
  • 『印度密教弘法大師の真言』六大新報社 1910
  • 弥勒浄土論』丙午出版社 1911 平凡社東洋文庫、2006
  • 金剛経六祖壇経の研究』貝葉書院 1913
  • 『仏典乃研究』丙午出版社 1914
  • 達磨』国民学芸叢書 東亜堂書房 1915
  • 『支那仏教遺物』大鐙閣 1919
  • 『印度の仏教美術』丙午出版社 1920
  • 『仏教芸術とその人物』同文館 1923
  • 真言密教の興るまで』真言宗京都大学 1925
  • 『東洋文化の研究』岩波書店 1926
  • 『仏教史の研究』弘文堂書房 1927
  • 『仏典批評論』弘文堂書房 1927
  • 『仏教史論』弘文堂書房 1929
  • 『達磨の研究』第一書房 1942
  • 『東洋の古代芸術』創元社 1943
  • 『先徳の芳躅』創元社 1944
  • 『仏教史雑考』創元社 1944

脚注編集

関連項目編集

  • 花まつり - 言葉の起源とされる、1901年にベルリンで催された「Blumen Fest(ブルーメンフェスト)」の発起人の一人。

外部リンク編集