メインメニューを開く

松本 紘佳(まつもと ひろか、1995年4月27日 - )[1]は、日本人ヴァイオリニスト

松本 紘佳
生誕 1995年4月27日(24歳)
出身地 東京都
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
事務所 株式会社アスペン[1]

目次

略歴編集

1995年東京都杉並区に生まれ[2]、3歳より横浜市在住[3]。4歳からヴァイオリンを習い始め[4][5]、3か月後にフィリアホールで初舞台[6]。7歳でザハール・ブロンに「非常に大きい才能と極めて巨大な潜在能力をもち、将来独特な音楽的個性へと成長するだろう。」と認められた[7][1]。9歳で、ハンガリーブダペストで初リサイタルをした[8][7]。2008年に13歳で、フランツ・リスト室内合奏団ヴィヴァルディの「四季」全曲を弾き振りで共演した[8][4]

2009年に国立新美術館モーツァルトが幼年期に用いたヴァイオリンを演奏した[4][9]。このやや小さなヴァイオリン(1746年製)は同楽器を用いたオーストリア国外での初めての演奏会として注目された[10][8]

日本国内では、原田幸一郎ジェラール・プーレに師事[8][4]桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース[8]で特待生[5]。2012年からウィーン・コンセルヴァトリウム音楽大学 ドイツ語版英語版特別課程とウィーン国立音楽大学でボリス・クシュニールほかに師事[8]

2009-2011年度ヤマハ音楽振興会音楽奨学生[8][4]。2012-2013年度公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団音楽奨学生[8]。2014年秋から3年間を文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてウィーンで研鑽した[11][8]。2016年ウィーン市音楽芸術大学(旧ウィーン・コンセルヴァトリウム音楽大学)学士課程を最優秀の成績で3年で卒業[2]。2019年ウィーン市音楽芸術大学修士課程を最優秀の成績で卒業。2018年より慶應義塾大学総合政策学部に在籍し国内外での演奏活動を行う[2]

受賞編集

リサイタル編集

日本国内で、次のリサイタルを開いている[12]

コンサート編集

国内[12]

国外[12]

  • 2008年 フランツ・リスト室内合奏団 - ブダペスト[4][7]
  • 2010年 ジュール・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会(指揮:カールマン・ベルケシュ) - ハンガリー[7][8]

テレビ・メディア出演編集

エピソード編集

  • 中学3年生のとき、毎日4〜5時間、自分の望む音を求めて音程ビブラートの使い方などを何度もできるまで練習した。気分転換は、学校の勉強や読書だった。[24]
  • 東日本大震災直後の2011年3月20日(横浜みなとみらいホール)のリサイタルでは、会場で被災者への義援金を募った。演奏中に余震があったが松本紘佳は気づかず、演奏後に募金箱を手にした。[25]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ASPEN アーティスト / 松本紘佳”. Aspen. 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “松本紘佳&杉林岳デュオリサイタル”. コンサートチラシ (りとるぷれいミュージック). (2017-12-17). 
  3. ^ a b 横浜市青葉区制20周年記念 松本紘佳ヴァイオリンリサイタル”. 青葉区, 横浜市. 2016年2月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j モーツァルトの神童ヴァイオリンを聴く会”. 日本音楽財団. 2016年2月29日閲覧。
  5. ^ a b c d “世界で活躍する若きバイオリニスト 松本紘佳さん”. タウンニュース, 横浜市青葉区版. (2011年3月3日). http://www.townnews.co.jp/0101/2011/03/03/95810.html 
  6. ^ アーティストインタビュー 松本紘佳 ヴァイオリン”. フィリア通信, フィリアホール. 2016年3月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m “松本紘佳プロフィール”. ヨコハマ・アートナビ (横浜みなとみらいホール). (2011-02-01). http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2011/02/01/prof.pdf. 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s プロフィール - 青葉区制20周年記念公演 松本紘佳ヴァイオリン・リサイタル”. フィリアホール. 2016年2月29日閲覧。
  9. ^ “モーツァルトのバイオリン 中2が演奏 東京・国立新美術館”. 朝日新聞: p. 37. (2009年12月12日) 
  10. ^ “モーツァルト坊やのバイオリン 特別コンサートでお披露目”, 読売新聞(東京朝刊): 39, (2009-12-12) 
  11. ^ 平成26年度「新進芸術家海外研修制度」申請及び採択状況, 文化庁, http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kenshu/pdf/26_shinshin.pdf 2016年2月29日閲覧。 
  12. ^ a b c Concert Archive, 松本紘佳”. Aspen. 2016年2月29日閲覧。
  13. ^ 松本紘佳 ヴァイオリン・リサイタル”. INFORMATION, KAJIMOTO (2009年4月12日). 2016年2月29日閲覧。
  14. ^ 松本紘佳ヴァイオリン・リサイタル”. 音楽之友社 web 版コンサートガイド. 2016年2月29日閲覧。
  15. ^ “音楽 マリオン”. 朝日新聞(夕刊): p. 7. (2011年7月1日) 
  16. ^ 5/20(日)松本紘佳ヴァイオリン・リサイタルアンコール曲”. インフォメーション、ニュース浜松市文化振興財団 (2012年5月20日). 2016年2月29日閲覧。
  17. ^ "佐藤卓史&松本紘佳 ヴァイオリンリサイタル".コンサート公演チラシ(りとるぷれいミュージック). (2018年9月2日)
  18. ^ "梯剛之&松本紘佳 ヴァイオリンリサイタル".コンサート公演チラシ(りとるぷれいミュージック). 2018年9月閲覧
  19. ^ a b 「題名のない音楽会」 2009年10月18日(日)放送内容”. テレビ紹介情報, 価格.com. 2016年2月29日閲覧。
  20. ^ ヤマハ音楽支援制度コンサートシリーズ 第3「ヤマハ音楽奨学生コンサート Vol.2」開催”. ヤマハ音楽振興会. 2016年2月29日閲覧。
  21. ^ 東京文化会館の共催公演 : フレッシュ名曲コンサート 2011-2012”. 東京文化会館. 2016年2月29日閲覧。
  22. ^ ベートーベン バイオリン協奏曲 by松本紘佳(2011/9/29)”. room♭のコンサート鑑賞メモ. 2016年2月29日閲覧。
  23. ^ 9/20(木)日本フィル杉並公会堂/三ツ橋敬子+松本紘佳でフレッシュなベートーヴェン”. Bravo! オペラ & クラシック音楽, goo. 2016年2月29日閲覧。
  24. ^ “夢は世界中のホールで演奏 中3のバイオリニスト 松本紘佳さん”. 読売新聞(東京夕刊): p. 7. (2010年7月17日) 
  25. ^ “東日本大震災:15歳のバイオリニスト・松本紘佳さん 演奏会で募金”. 毎日新聞(神奈川版): p. 20. (2011年3月21日)