松殿良嗣

日本の鎌倉時代の公家

松殿 良嗣(まつどの よしつぐ)は、鎌倉時代前期から中期にかけての公卿大納言松殿忠房の長男。官位正二位右近衛中将松殿家4代当主。

 
松殿良嗣
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 元仁元年(1224年
死没 正応4年1月29日1291年3月1日
改名 良嗣→円信(法名)
官位 正二位右近衛中将
主君 四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇
氏族 松殿家
父母 父:松殿忠房、母:持明院保家の娘
兄弟 良嗣兼嗣兼教、行仁、良基、源忠、承教
一条頼氏の娘、岩蔵宮女房按察使局
鷹司伊氏頼房冬房持明院保藤、隆弁、禅弁、亀山院女房新大納言
テンプレートを表示

経歴編集

貞永元年(1232年従五位下侍従に叙任。その後、嘉禎2年(1236年)従五位上、嘉禎4年(1238年正五位下延応元年(1239年従四位下と昇進する。仁治3年(1242年)には従四位上正四位下と続けて昇叙され、寛元元年(1243年)に従三位に叙せられ公卿に列す。またこの間の嘉禎3年(1237年右近衛少将仁治元年(1240年)右近衛中将と武官を務めると共に、因幡介土佐介美濃権守と地方官も兼ねた。

しかし、この間に大納言となっていた父・忠房は、三条実親大炊御門家嗣等の清華家当主達が次々と大臣に進む中で昇進が止まっており、宝治元年(1247年)には出家してしまう。その後、良嗣は宝治2年(1248年正三位建長7年(1255年従二位正元元年(1259年)正二位に叙せられるなど位階の上では父・忠房に並ぶ。しかし、参議任官は叶わないまま、弘長3年(1263年)に出家し法名は円信と号した。

系譜編集

参考文献編集

先代
松殿忠房
松殿家当主
4代
次代
松殿通輔