メインメニューを開く

松浦機械製作所

産業用機械類、工具 、工作機械メーカー

株式会社松浦機械製作所(まつうらきかいせいさくしょ)は産業用機械類、工具工作機械メーカーである。特にマシニングセンタの開発設計・製造においては世界でもトップクラスである。

株式会社 松浦機械製作所
Matsuura Machinery Corporation
本社社屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
910-8530
福井県福井市東森田四丁目201番地
設立 1960年9月
業種 機械
法人番号 4210001003869
代表者 松浦勝俊
資本金 資本金 9,000万円
(自己資本 126億5,800万円)
売上高 91億2,900万円(2012年度)
純利益 12億7000万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 221億1000万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 285名(2012年12月末現在)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1935年 「松浦機械製作所」創業、旋盤の生産開始。
  • 1957年 フライス盤の生産・販売開始。
  • 1960年 法人に改組、「㈱松浦機械製作所」設立。
  • 1961年 電気式プログラム制御自動フライス盤の生産・販売開始。
  • 1964年 数値制御自動フライス盤の生産・販売開始、名古屋営業所開設。
  • 1966年 大阪営業所開設。
  • 1968年 日本で最初のプログラム制御自動フライス盤開発。現本社工場所在地へ工場移転。
  • 1972年 数値制御自動ボール盤生産開始。
  • 1974年 国産初の本格的立形マシニングセンタ開発。
  • 1975年 立形マシニングセンタを米国に出荷、本格的輸出を開始。
  • 1978年 超高速回転マシニングセンタ開発、販売開始。
  • 1981年 超高速マシニングセンタの生産・販売開始。2軸立形マシニングセンタ生産・販売開始。
  • 1983年 横形マシニングセンタ生産・販売開始。
  • 1985年 武生工場 アイ・エム・エヌ㈱設立。
  • 1986年 北関東営業所開設。
  • 1988年 カナダ エリオットマシナリー社設立。南関東営業所開設。
  • 1991年 イギリス マツウラマシナリー社設立。東京フォーラムセンター開設。
  • 1993年 ドイツ マツウラマシナリー社設立。マシニングセンタ出荷累計10,000台達成。
  • 1994年 工作機械業界初のISO 9001認証取得。
  • 1998年 ISO 14001認証取得。
  • 1999年 リニアモータ搭載超高速高精度立形リニアモータマシンの 生産・販売開始。
  • 2000年 OHSAS 18001取得。BMW WilliamsF1 Teamとオフィシャルサプライヤ契約。
  • 2001年 マシニングセンタ出荷累計15,000台達成。マツウラ・ヨーロッパGmbH設立。
  • 2002年 米国MMTS株式会社設立。世界初レーザエッジング加工技術の開発。金属光造形複合工作機械の開発(松下電工(現パナソニック電工)との共同開発)。
  • 2003年 金属光造形複合加工機の生産・販売開始。
  • 2004年 金属光造形複合工作機「M-PHOTON25C」が「第33回日本産業技術大賞・文部科学大臣賞」受賞。

主要製品編集

  • マシニングセンタ
    • 超高速高精度立形リニアモータマシン LXシリーズ
    • 5軸制御立形マシニングセンタ MAM72シリーズ
    • 横形マシニングセンタ H.Plusシリーズ
    • 立形マシニングセンタ V.Plus / R.Plusシリーズ
    • 高精度立形マシニングセンタ Mold.Plusシリーズ
    • 立形マシニングセンタ FXシリーズ
    • 立形マシニングセンタ MC/RAシリーズ
  • 金属光造形複合加工機 LUMEX Avanceシリーズ
  • マシニングセンタ用CAD/CAMシステム

事業所編集

  • 工場
    • 本社工場
    • 武生工場
  • 営業所
    • 埼玉営業所
    • 名古屋営業所
    • 大阪営業所

脚注編集

外部リンク編集