メインメニューを開く

松浦発電所(まつうらはつでんしょ)は、長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091-1に位置する九州電力石炭火力発電所

Crystal energy.svg 松浦発電所
種類 火力発電所
電気事業者 九州電力
所在地 日本の旗 日本
長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091-1
北緯33度20分59.2秒 東経129度41分02.1秒 / 北緯33.349778度 東経129.683917度 / 33.349778; 129.683917座標: 北緯33度20分59.2秒 東経129度41分02.1秒 / 北緯33.349778度 東経129.683917度 / 33.349778; 129.683917
1号機
発電方式 汽力発電
出力 70万 kW
燃料 石炭
熱効率 40.7%(HHV)
営業運転開始日 1989年6月30日
公式サイト:松浦発電所
テンプレートを表示

目次

概要編集

九州電力初の海外炭を用いる大型火力発電所として開発が行われ、1989年6月に1号機が運転を開始した。隣接する電源開発松浦火力発電所と併せ「東洋一の石炭火力」と称される。

2001年4月には2号機の建設が開始されたが[1]2004年6月に工事を中断した。その後、2016年1月に工事を再開、運用開始時期は2020年6月(当初は2012年3月)とした[2]

その後2016年4月28日発表の平成28年度経営計画で予定よりも半年前倒しして2019年12月運転開始に変更された。 [3]

発電設備編集

  • 総出力:70万kW[4]
1号機
定格出力:70万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
熱効率
 40.7%(高位発熱量基準)
 約43%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1989年6月30日
2号機(建設中)
定格出力:100万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超々臨界圧(Ultra Super Critical)
熱効率:45%以上(低位発熱量基準)
試運転開始:2019年4月(予定)
営業運転開始:2019年12月(予定)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集