メインメニューを開く

松田義幸

松田 義幸(まつだ よしゆき、1939年12月[1] - )は日本の教育学者、学校法人尚美学園理事長尚美学園大学学長)。専門分野は生活文化史

目次

略歴編集

  • 1939年、山形県鶴岡市に生まれる。
  • 1963年東京教育大学教育学部教育学科(教育社会学専攻)を卒業。
  • 1987年、日本レジャー・リクリエーション学会に入会し、のちに常務理事・副会長・会長・顧問を歴任。
  • 1991年、森永エンゼル財団理事に就任。
  • 1993年、ハイライフ研究所理事に就任。日本科学協会評議員に就任。
  • 1998年日本財団評議員に就任。
  • 2005年、イギリス国学協会の理事長に就任。
  • ここまでに日経広告研究所研究員、余暇開発センター研究主幹、筑波大学助教授、筑波大学大学院客員教授、多摩大学客員教授、実践女子大学教授などを歴任。
  • 2008年尚美学園大学学長(2014年まで)。
  • 2009年学校法人尚美学園理事長に就任(2014年までは学長と兼任)
  • その他、イギリス国学協会理事長、森永エンゼル財団理事、ハイライフ研究所理事、日本科学協会評議員、筑波会議・国際価値会議・国際経済経営会議・奥の細道300年祭等のプロデューサー、神奈川県・「湘南国際村」・「山中湖村文学の森」のグランドデザイナー。

著作編集

単著編集

共著編集

編纂書編集

訳書編集

  • (D.S.バット)『文明としてのスポーツ』 1978年 日本経済新聞社

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.275

外部リンク編集