板倉 勝俊(いたくら かつとし)は、江戸時代後期の大名陸奥国福島藩9代藩主。官位従五位下甲斐守。重昌流板倉家第12代。

 
板倉勝俊
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年9月8日1788年10月7日
死没 天保12年8月14日1841年9月28日
改名 亥三郎(幼名)、勝俊
官位 従五位下甲斐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
陸奥福島藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝長脇坂安親
兄弟 勝俊勝定、演暢院、渡辺輝綱正室
上杉治広
勝顕本多成功永井尚服勝弘勝敬九鬼隆都継室、岩城隆喜正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

先代藩主・板倉勝長の長男として誕生。母は脇坂安親の娘。幼名は亥三郎。

文化12年(1815年)、父の死により家督を相続する。文武奨励を図り、天保4年(1833年)には物産会所と呼ばれる領内特産品専売機構を作った。江戸詰家老池田新兵衛ら反勝俊派の工作により、天保5年(1834年)隠居し、跡を長男・勝顕に譲る。天保12年(1841年)に死去した。

系譜編集