メインメニューを開く

板垣 兼信(いたがき かねのぶ、生没年不詳)は平安時代末期の武将清和源氏義光流、甲斐源氏武田信義の三男。通称は板垣三郎板垣氏の始祖。

 
板垣 兼信
時代 平安時代後期から鎌倉時代前期
別名 板垣三郎冠者
主君 源頼朝
氏族 甲斐源氏武田氏支流板垣氏
父母 父:武田信義
兄弟 一条忠頼板垣兼信武田有義武田信光
頼時頼重

目次

来歴編集

甲斐源氏武田信義の三男に生まれ、甲斐国山梨郡板垣郷(現・山梨県甲府市善光寺周辺)を本貫としてその氏とした。板垣氏の始祖である。兄弟に一条忠頼武田有義武田信光らがあり、子に四郎頼時、六郎頼重がいた。

治承・寿永の乱に際しては、甲斐源氏の一族とともに源頼朝の麾下に参加。兄の忠頼が頼朝によって誅殺された後は、武田氏の次期棟梁と目される存在となり、治承8年/元暦元年(1184年)2月7日の一ノ谷の戦いでは大将軍源範頼の軍の中に彼の名があり、また備前平家を撃退するなど功績を挙げた。

『吾妻鏡』元暦元年3月17日条によれば、兼信は土肥実平の配下に加わることを不満とし頼朝に訴えるが、頼朝はこれを退けたという。甲斐源氏では同年6月16日に一条忠頼が誅殺されており、さらに武田信義・安田義定も失脚し勢力を失う。1189年文治5年)に兼信は太皇太后領・駿河国大津御厨静岡県島田市野田)の地頭職を解任された。

1190年建久元年)、違勅(勅令違反)の罪を問われて円勝寺遠江国雙侶荘[1](静岡県榛原郡金谷町志戸呂)の地頭職をも解任され、隠岐国へ配流された。[2]

子孫とされる一族には、戦国時代武田信玄の傅役となった板垣信方や、『甲陽軍鑑』によれば「両職」を務めたと言われる板垣信憲を輩出した譜代家老・板垣氏がいる。

系譜編集

1板垣兼信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣頼時2板垣頼重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3板垣頼兼板垣信頼板垣実兼武田長兼
 
 
 
 
 
 
4板垣行頼武田信貞
 
 
 
 
 
 
5板垣長頼中村兼邦
 
 
 
 
 
 
6三郎左衛門中村兼貞
 
 
 
 
7三郎左衛門
 
 
 
 
8板垣四郎
 
 
 
 
9板垣播磨守
 
 
 
 
10板垣松溪
 
 
 
 
11板垣兼光
 
 
 
 
12板垣善満坊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13板垣備州14板垣信泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣伯耆守15板垣信方室住虎登女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16板垣信憲酒依昌光17板垣信安[3]板垣信安妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣正信板垣正寅女子18板垣修理亮板垣隼人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正行[4]板垣正善酒依昌吉(嫡流)(伊豆板垣家)
 
 
 
 
 
 
 
 
(土佐藩士)(社家出雲路)(幕臣酒依家)
  • 実線は実子、点線は養子

補注編集

  1. ^ 東鑑』によると「雙侶荘」。また「質侶荘」とも表記される。
  2. ^ 嫡男の頼時と共に隠岐で歿したと思われる。
  3. ^ 板垣信方の娘婿。実は於曾氏。永祿元年(1558年)、武田信玄の命に依って、板垣家を再興
  4. ^ 永原一照次男

板垣兼信に所縁の地編集

関連編集