メインメニューを開く

金谷町(かなやちょう)は、かつて存在した日本静岡県遠州東部に位置し、江戸時代東海道宿場町であり、お茶の産地で知られる町だった。2005年に旧・島田市と新設合併し島田市となった。なお、地元での金谷のアクセントは頭高でなく2・3拍目が高い。

かなやちょう
金谷町
Flag of Kanaya Shizuoka.JPG Kanaya Shizuoka chapter.JPG
町旗 町章
廃止日 2005年5月5日
廃止理由 新設合併
島田市金谷町→島田市
現在の自治体 島田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
榛原郡
団体コード 22425-1
面積 64.36km2
総人口 20,364
推計人口、2005年5月1日)
隣接自治体 掛川市、島田市、周智郡森町
菊川市榛原郡川根町
町の木
町の花 ツツジ
金谷町役場
所在地 428-8650
静岡県榛原郡金谷町金谷河原3400
金谷町の県内位置
合併時点における位置図。緑色部分が金谷町
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 静岡県遠州東部に位置する。行政上の区分は榛原郡であり静岡県中部地方であった。
  • 大井川右岸中流域に存在した

隣接する自治体編集

歴史編集

 
大井川流域の町村制施行時の町村。52が金谷町。(53.五和村)
  • 1590年(天正18年) - 天正の瀬替えにより大井川の流路が変更される。
  • 1601年(慶長6年) - 東海道の宿場町として金谷宿がつくられる。
  • 1889年(明治22年)4月1日- 市町村制施行により、金谷町、五和村が誕生。
  • 1957年(昭和32年)10月1日- 金谷町および五和村が合併し、新たに金谷町が誕生。
  • 2005年(平成17年)5月5日 - 島田市と対等合併、島田市(新設)となった。

経済編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

海外編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

旧街道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

関連項目編集

外部リンク編集