メインメニューを開く

板橋 恵(いたばし めぐみ、1973年6月7日 - )は、日本の女子バレーボール選手。ニックネームはメグ

板橋 恵
Megumi Itabashi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-06-07) 1973年6月7日(46歳)
出身地 宮城県黒川郡大和町
ラテン文字 Megumi Itabashi
身長 167cm
体重 62kg
血液型 A型
選手情報
愛称 メグ
ポジション S
指高 212cm
利き手
スパイク 285cm
ブロック 279cm
テンプレートを表示

来歴

宮城県黒川郡大和町出身。小学校3年生からバレーボールを始める。古川商業高校1年生からセッターに転向。2年生時にインターハイ優勝。東北福祉大学では1年生時にインカレ準優勝を経験した。

1996年日立佐和リヴァーレに入団。1998年全日本代表チームに初選出。1999年ワールドカップでは正セッターを務め、同大会で6位となった。2002年に一度現役を引退するが、2003年に現役復帰し、第11回Vリーグでサーブ賞を受賞、第55回黒鷲旗大会で準優勝へ導く。

2005年、5年ぶりとなる全日本復帰を果たした。同年のワールドグランプリワールドグランドチャンピオンズカップに出場した。 2007年のアジア選手権で24年ぶりの優勝を経験した。

2009年5月、日立佐和リヴァーレを退団し、同年9月パイオニアレッドウィングスに移籍した。

2011年6月にパイオニアを退部し、同年11月に仙台ベルフィーユにコーチ兼選手として移籍した[1]。同月、体調不良で総監督に退いた米田一典にかわり、選手兼任で監督に就任した[2]

2012年4月、仙台ベルフィーユ監督を退任し、同チームを退団[3]。その後、結婚し姓が今野となり、2015年9月に第1子の長女を出産した[4]

エピソード

東北福祉大学時代は主将としてチームを牽引した。或る日、監督の佐藤伊知子から「あなたは正セッターには使わない」と言われ、練習でも士気を失いかけたことがある。それを選手や監督から見透かされ「第2セッターに甘んじるのではなく、あくまでも自分が正セッターを取るぐらいの士気で臨まなければ、チームは進歩しない」と悟り、以後猛練習に励むようになり、監督からも全幅の信頼を得て正セッターの座を奪還した。

球歴

  • 所属チーム履歴
落合小→落合中→古川商業高等学校(現・古川学園高等学校)東北福祉大学日立佐和リヴァーレ(1996-2002年 2003-2009年)→ パイオニアレッドウィングス(2009-2011年)→ 仙台ベルフィーユ(2011年-2012年)

脚注

  1. ^ [1]
  2. ^ 河北新報. “板橋が選手兼任で仙台の監督に”. 2011年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月21日閲覧。
  3. ^ [2]
  4. ^ 河北新報社(2016年4月27日)

外部リンク