バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ

バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ英語: FIVB World Grand Champions Cup)は、国際バレーボール連盟主催のバレーボールの国際大会である。日本国内での通称はグラチャン

ワールドグランドチャンピオンズカップ
開始年 1993
主催 国際バレーボール連盟
参加チーム数 男女とも6
前回優勝 男子:Flag of Brazil.svg ブラジル(5回目)
女子:Flag of the People's Republic of China.svg 中国(2回目)
最多優勝 男子:Flag of Brazil.svg ブラジル(5回)
女子:Flag of Brazil.svg ブラジルFlag of the People's Republic of China.svg 中国(2回)
サイト FIVB
テンプレートを表示

北中米・南米・欧州・アジアの各大陸チャンピオン4チーム[1]と、会場国日本、及び国際バレーボール連盟推薦チームの合計6チームが、世界一を目指して競う。

グラチャンがスタートしたのは1993年で、4年に1度(オリンピックの翌年)日本で開催される。

目次

概要編集

世界三大大会オリンピック世界選手権ワールドカップ)と比較すると出場チーム数は6と少ないものの、グラチャンを含めて世界四大大会と呼ぶこともある[2]

グラチャンは、当時、男子バレーの世界リーグしか賞金の掛かった大会しかなく、オリンピックの翌年のワールドカップの際に開かれた開催パティーで、キューバのミレーヤ・ルイスと、中田久美が、女子にも賞金の掛かった大会を、バレーボール世界連盟会長だった、アコスタ会長に直談判しに行く際に、大林素子と3人で直談判したのをきっかけに、日本バレーボール協会が主催して始まった大会である。 グラチャンが始まる前は、低迷した日本チームが世界のチームに挑戦するというコンセプトの大会として、スーバー 4という大会で、オリンピックメダルチーム対日本との大会があった。 日本の著名芸能人が大会を盛り上げており、イベント的な要素も強い。

また、オリンピック世界選手権ワールドカップと比べて歴史が浅い大会のため、大幅なルール改正のための試験大会として位置付けられることもある。実際に1997年の大会では、リベロ制が導入された初の国際大会であった。また各セット25分経過後に、ラリーポイント制になるという、25分併用ルールが導入されたが、不評であったためそれ以降の大会では使われなかった。

1993年の大会ではTUBEのヴォーカル前田亘輝が大会テーマソングを歌った。この大会ではライジングプロダクション(現ヴィジョンファクトリー)のユニットMAXが大会テーマソングを歌い大会を盛り上げた。 2001年の大会は『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』が大会のサポーターを務めた。2005年の大会はジャニーズ事務所の若手ユニットKAT-TUNが応援プロデューサーを担当。中継や関連番組のMCを担当する他、セット間の応援パフォーマンスなどを手がけた。2009年の大会はスペシャルサポーターにイモトアヤコ、大会テーマソングをEXILEが担当した。2013年の大会も引き続きイモトアヤコがスペシャルサポーターを務め、大会テーマソングを倖田來未が担当する。

大会マスコット編集

大会マスコットはグラちゃん1993年の第1回大会から登場している。鳥をモチーフとしておりバレーボールから頭と足を突き破った状態になっている。このマスコットはバレーボールの持つスピード感、躍動感をイメージして作られた。2001年大会までは手はボールの中に隠れていたが、2005年大会では手も描かれるようになった。

競技方式編集

出場枠編集

ワールドグランドチャンピオンズカップの第1回は、5大陸のチャンピオンチームと、開催国の日本であったが、第2回大会から、出場できるのは全部で6カ国で、以下のように選出される。

  • 開催国 - 1カ国(毎回日本が開催国)
  • 大陸選手権 - 4カ国
  • 国際バレーボール連盟推薦チーム - 1カ国 (女子は1997年から2009年まで4開催連続で韓国)

試合形式編集

大会は6チームによる1回戦総当り戦による勝敗数で順位を決定する。

歴代大会結果編集

男子編集

開催
  優勝   準優勝 3位 4位 5位 6位
1993
詳細
    イタリア   ブラジル   キューバ   日本   アメリカ合衆国   韓国
1997
詳細
    ブラジル00   オランダ00   キューバ   中国   日本   オーストラリア
2001
詳細
    キューバ   ブラジル   ユーゴスラビア   韓国   日本   アルゼンチン
2005
詳細
    ブラジル   アメリカ合衆国   イタリア   日本   エジプト   中国
2009
詳細
    ブラジル   キューバ   日本   ポーランド   イラン   エジプト
2013
詳細
    ブラジル   ロシア   イタリア   イラン   アメリカ合衆国   日本
2017
詳細
    ブラジル   イタリア   イラン   アメリカ合衆国   フランス   日本

女子編集

開催
  優勝   準優勝 3位 4位 5位 6位
1993
詳細
    キューバ   中国   ロシア   日本   アメリカ合衆国   ペルー
1997
詳細
    ロシア   キューバ   ブラジル   中国   日本   韓国
2001
詳細
    中国   ロシア   日本   ブラジル   アメリカ合衆国   韓国
2005
詳細
    ブラジル00   アメリカ合衆国   中国   ポーランド   日本   韓国
2009
詳細
    イタリア   ブラジル00   ドミニカ共和国   日本   韓国   タイ
2013
詳細
    ブラジル   アメリカ合衆国   日本   ロシア   タイ   ドミニカ共和国
2017
詳細
    中国   ブラジル   アメリカ合衆国   ロシア   日本   韓国

日本における放送体制編集

脚注編集

  1. ^ 2013年大会の場合、大陸出場枠(4枠=当年の各大陸選手権の優勝国)は、前年のロンドン五輪の最終順位(その上位4大陸が該当)で決定された (2013年大会概要 - 日本バレーボール協会
  2. ^ ワールドグランドチャンピオンズカップ2013(グラチャンバレー2013) 大会特設ページを開設! - 日本バレーボール協会

関連項目編集

外部リンク編集