メインメニューを開く

林 信雄(はやし のぶお、明治30年(1897年4月8日 - 昭和39年(1964年12月12日)は、日本医学者医学博士千葉医科大学)。放射線による内科的診断・放射線医学の先駆者[1]従五位勲四等旭日小綬章山形県鶴岡市出身。

目次

略歴編集

  • 1897年4月8日、新士町(現・鶴岡市神明町)に、林光朝の子として生まれる。
  • 1915年、荘内中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)を卒業する。
  • 1919年千葉医学専門学校(現・千葉大学医学部)を卒業し、県立千葉病院に勤務する。
  • 1923年、名古屋市愛知理学療養所所長に就任する。
  • 1926年千葉医科大学に助手として勤務する。
  • 1929年、千葉医科大学附属病院医学療法科を兼務する。
  • 1930年4月17日、医学博士号(千葉医科大学)取得する。
  • 1933年、千葉医科大学講師を経て、市立横須賀病院内科医長に就任する。
  • 1941年、同病院放射線科医長に就任する。
  • 1954年、全国肢体不自由児父母の会の役員となる。
  • 1962年、放射線障害により左腕を切断する。胃癌を発病する。
  • 1964年12月12日、千葉大学病院にて死去する。享年67。戒名は「謙徳院仁誉博道信雄居士」

叙位・叙勲編集

博士論文編集

  • 『3-アスチールの中枢神経系に及ぼす薬理作用 -猫に於ける一般作用並に其の部位的考察に就て-』 1930年4月17日 千葉医科大学

脚注編集

参考資料編集

  • 『官報』1964年12月14日 本紙 11402 叙位・叙勲
  • 『官報』1964年12月28日 本紙 11414 叙位・叙勲