メインメニューを開く
林信雄

林 信雄(はやし のぶお、1899年明治32年)5月 – 1974年昭和49年)12月1日[1])は、日本の衆議院議員自由党)。福岡県小倉市長弁護士

経歴編集

福岡県朝倉郡朝倉村(現在の朝倉市)出身[2]1920年大正9年)、明治大学法科を卒業[2]。弁護士を開業し、福岡県会議員に選ばれた[2]

1942年(昭和17年)、第21回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1946年(昭和21年)、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放を受ける[3]。追放解除後の1953年(昭和28年)、第26回衆議院議員総選挙で再選を果たした。

その後、小倉市長に当選。

また日本弁護士連合会理事を務めた[1]

脚注編集

  1. ^ a b 衆議院議員名鑑 1990.
  2. ^ a b c 衆議院要覧 1942.
  3. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献編集

  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。