メインメニューを開く

林家 染三はやしや そめざ 下記の3代目のみ そめぞう)は上方落語名跡。幕末から存在する古い名跡。本名・秋山三郎の染三を3代目とする説が有力。

目次

初代編集

初代 林家染三生没年不詳)は、詳細不明。

2代目編集

林家 染三はやしや そめざ
本名 則包 長太郎
生年月日 1890年
没年月日 1944年8月12日
出身地   日本
師匠 2代目林家染丸
活動期間 1912年 - 1944年
活動内容 上方落語
所属 大八会
吉本興業
フリー

2代目 林家染三1890年 - 1944年8月12日)は、1912年2代目林家染丸の門で染三を名乗る、後に師匠と背を向け大八会に参加し10年近く二流の寄席で修行した、後に同会派の幹部にまで登りつめる。3代目桂梅枝の養子になっていた時期もある。大正の末に吉本興業に招かれ、若手の勉強会、「民衆落語研究会」、「花月ピクニック」の同人となるなど活動していたが、1929年に吉本の落語家に対する経営方針に嫌気をさし脱退しフリーでラジオなどに出ていた。戦時中は5代目笑福亭松鶴率いる「楽語荘」の同人として行動を共にした。 なお、発音はそめざと読む。 芸風は線が太く素直で荒削りと評された。得意ネタは「片袖」「志ん猫」などが得意とした。本名: 則包長太郎。

弟子には後に漫才に転向した流行亭歌麿がいる。

3代目編集

林家 染三はやしや そめぞう
本名 秋山 三郎
生年月日 1926年10月8日
没年月日 (2012-06-12) 2012年6月12日(85歳没)
出身地   日本
師匠 3代目林家染丸
名跡 1. 林家染蔵
2. 3代目林家染三
活動期間 1958年 - 2012年
活動内容 上方落語
備考
上方落語協会会員(1958年 - ?)
関西落語文芸協会会長(? - 2012年)

3代目 林家染三1926年10月8日 - 2012年6月12日)は、1958年6月に贔屓筋だった3代目林家染丸に入門し染蔵を名乗る。その後、改字して染三とした。海軍第十四期甲予科練出身。噺家になる以前はアコーディオンを学んだ。初舞台は1960年千日劇場。その後「上方落語総合研究会」(関西落語文芸協会の前身)という会を弟子たちと共に発足。本名: 秋山三郎。

当時、上方落語協会会長だった6代目笑福亭松鶴との確執があったため、協会を脱退し、関西落語文芸協会を設立している。落語活動のほかに江戸時代の噺本の復刻にも力を入れた。

2000年頃まで西成区の「てんのじ村」で落語教室を開設し、落語家志願者を募っていたが、近年は体調面の不安からあまり活動はしていなかった。2012年6月12日に肺炎で死去[1]。85歳没 。

主な弟子(順不同)
  • 林家三六 (後に岡八郎門下となり、漫才師に転向したオール阪神
  • 林家三喜 (後に岡八郎門下となり、漫才師に転向したオール巨人
  • 林家じゅん (女性)
  • 林家レモン (女性、後に廃業。元ミス日本のミス着物に選ばれている。)
  • 林家レモン (女性、後にフリーアナウンサーとなった寺田佳江
  • 林家リボン (女性、後にフリーアナウンサーとなった井出まゆみ
  • 林家さん馬 (後に漫才師に転向してダイヤル358の八郎)
  • 林家さん生 (後に3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)門下となり、桂小つぶを経て、現:桂枝光
  • 林家しん三→さん二 (後に2代目露の五郎兵衛門下となり、露の新次を経て露の新治
  • 林家大染 (後に上岡龍太郎門下となり、漫談家に転向した江本龍彦
  • 林家三太
  • 林家三笑 (林家流どじょうすくい家元)
  • 林家染之助

ほとんどの弟子は、染三による落語教室の門下生という意味合いも強く、いわばセミプロのような存在であった。 他門下に移籍した者、漫才など他の道を歩んだ者を除き、現在も染三の弟子で活動しているのは林家三笑のみである。

なお、発音はそめぞうと読む。

脚注編集

出典編集

  • 林家染三師匠… - 弟子であった巨人による訃報ブログ記事
  • 『古今東西落語家事典』(諸芸懇話会・大阪芸能懇話会共編、平凡社、1989年、ISBN 458212612X
  • 『古今東西噺家紳士録』