メインメニューを開く
慈恩寺舞楽(蘭陵王)

林家舞楽(はやしけぶがく)は、山形県西村山郡河北町谷地八幡宮宮司林家[1]に伝わる舞楽。1,200年の伝統を持ち、宮中舞楽四天王寺舞楽南都楽所舞楽と並ぶ日本四大舞楽の一つとされ、重要無形民俗文化財に指定されている。

昔は山形各地で舞楽が行われていたが、現在は谷地八幡宮の秋の例祭9月14日15日)に同社境内で、寒河江市慈恩寺の春の法会(5月5日)に同寺山門に設けられた舞台で舞われる。ほかに、数年に一度催される山形市山寺立石寺臨時法要に奉納される。

伝承曲目は、燕歩・三台・散手・太平楽・喜禄・二ノ舞・還城楽・抜頭・蘭陵王納蘇利の10曲である。

脚注編集

  1. ^ 林家の伝えによれば、同家の祖は四天王寺の楽人で、貞観2年(860年)慈覚大師円仁の立石寺開山に随従して山寺に下り舞楽を奉仕、この後、寒河江市の慈恩寺、同市平塩の熊野神社、河北町谷地八幡宮の舞楽を司るに至った。河北町谷地に移ったのは江戸時代初期という。

関連項目編集

外部リンク編集