メインメニューを開く
林春雄

林 春雄(はやし はるお、1874年明治7年)2月25日 - 1952年昭和27年)1月1日)は、医学博士薬理学者。東京帝国大学医学部薬物学教室の二代教授。東京帝国大学名誉教授。貴族院議員。

目次

経歴編集

1897年(明治30年)に東京帝国大学医学部を首席で卒業し、1900年(明治33年)に助教授となった。1905年(明治38年)7月医学博士の学位を取得。1902年(明治35年)から1905年(明治38年)までドイツ・シュトラースブルク大学に留学した。1908年(明治41年)に薬理学第二講座が設けられると、林が帰国後勤務していた福岡医科大学(現:九州大学)から転じてこれを担任した。翌1908年(明治42年)教授となり、1934年(昭和9年)まで在職した。薬物学を中心に研究。退官後の1937年(昭和12年)逓信病院の初代院長、翌年には国立公衆衛生院の初代院長、日本薬理学会初代会長などを務める。

1946年(昭和26年)7月8日、貴族院勅選議員に任じられ[1]同和会に所属して1947年(昭和27年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

墓所編集

栄典編集

著作編集

  • 『薬理学』吐鳳堂書店、明治34年(1901年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5847号、昭和21年7月12日。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』154頁。
  3. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連人物編集