林泰宏

日本の実業家、元プロ野球選手

林 泰宏(はやし やすひろ、1961年6月16日 - )は、日本実業家橘フェニックス株式会社代表取締役、東郷証券株式会社(現:TO株式会社)元取締役会長[1]読売ジャイアンツ近鉄バファローズ横浜大洋ホエールズに所属した元プロ野球選手(投手)である。

林 泰宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県
生年月日 (1961-06-16) 1961年6月16日(58歳)
身長
体重
183 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

熊本県出身。尼崎市立尼崎高等学校では、エース、四番打者として活躍。1978年秋季近畿大会県予選準決勝に進むが、滝川高に完封負け。翌1979年夏の甲子園県予選では決勝に進出するが、明石南高に0-1で惜敗、甲子園には出場できなかった。

1979年のドラフト会議木田勇のクジを外した巨人から1位指名。同じ年の3位指名は、岡崎郁だった。スリー・クォーター気味のフォームで投げ込む速球が武器で、中央では無名ながら将来のエースになる大器と宣伝された。主にシュート、フォークボールが武器だった。

しかし、コントロールが悪く伸び悩み、ファームのローテーション投手となったものの一軍には昇格できず、1984年、近鉄にトレードされた。この頃には、ほとんどサイドスローになっていた。近鉄では、故障のせいもあって満足な投球ができず、その年のオフに自由契約となった。

1984年に元アイドルの黒木真由美と結婚。真由美との間に長男と長女で元タレントの黒木マリナを儲けるが1996年に離婚した[2]

1984年、大洋の入団テストを受けて合格。投球フォームをアンダースローに近いものに変えて再起をはかったが、故障は回復せずイースタン・リーグで1試合に登板しただけで、1985年のオフに自由契約になり、そのまま引退した。

1985年に大洋ホエールズ退団後、小林洋行に入社。1993年に入や通商に入社。1997年、大雄社先物社(旧:入や通商)常務。1999年に萬成プライムキャピタル証券取締役。2005年6月に入や萬成証券(現:ばんせい証券)社長に就任[3]し、翌2006年2月まで務めた[4]

2019年6月20日、東郷証券(現:TO)が複数の顧客に対し外国為替証拠金取引で生じた損失を補填した事件に関して、同社の実質的な経営者として金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で逮捕され[5]、7月10日に同罪で起訴された[6]。‬翌11日には約1億4000万円を脱税したとして法人税法違反(脱税)などの疑いで再逮捕され[7]、31日に追起訴された[6]。‬

2020年1月7日、公判東京地裁であり、検察側は懲役3年を求刑。弁護側は執行猶予を求めて結審した[8]

2020年2月12日、東京地裁で懲役3年、執行猶予5年の判決が言い渡された[9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 47 (1980年 - 1983年)
  • 59 (1984年)
  • 65 (1985年)

脚注編集

  1. ^ 日本商品先物取引協会会員企業情報開示2018年版”. 日本商品先物取引協会. 2018年11月26日閲覧。
  2. ^ “インディアン娘”は高級アパレル運営!zakzak 2012年2月22日
  3. ^ 先物協会ニュース 平成17年8月5日
  4. ^ 先物協会ニュース 平成18年3月15日
  5. ^ 元巨人ドラ1の林泰宏容疑者ら逮捕 FX損失補填疑い”. サンスポ (2019年6月20日). 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ a b 法人税約2億円を脱税 東郷証券経営陣ら起訴 東京地検特捜部”. 産経新聞 (2019年7月31日). 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ 東郷証券元幹部ら脱税疑いで再逮捕 損失補填事件絡み”. 朝日新聞 (2019年7月11日). 2019年9月7日閲覧。
  8. ^ 元巨人林泰宏被告に懲役3年求刑”. 日刊スポーツ (2020年1月7日). 2020年1月7日閲覧。
  9. ^ 元巨人選手に有罪判決 東郷証券の損失補填” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年2月18日閲覧。

関連項目編集