尼崎市立尼崎高等学校

兵庫県尼崎市にある高等学校

尼崎市立尼崎高等学校(あまがさきしりつ あまがさき こうとうがっこう)は、兵庫県尼崎市上ノ島町にある公立高等学校大正初期1913年に町立の実科高等女学校として創立し、尼崎市内の高校では最も古い。略称は「市尼」(いちあま、県立の尼崎高校〈けんあま〉と区別するため)。

尼崎市立尼崎高等学校
Amagasaki City Amagasaki High School.JPG2013年平成25年〉10月撮影)
過去の名称 尼崎町立実科高等女学校
尼崎市立実科高等女学校
尼崎市立高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 尼崎市の旗 尼崎市
学区 第2学区
校訓 正しく、強く、美しく
設立年月日 1913年大正2年)3月29日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
体育科
高校コード 28239B
所在地 661-0014
兵庫県尼崎市上ノ島町一丁目38番1号

北緯34度45分2秒 東経135度24分7.5秒 / 北緯34.75056度 東経135.402083度 / 34.75056; 135.402083座標: 北緯34度45分2秒 東経135度24分7.5秒 / 北緯34.75056度 東経135.402083度 / 34.75056; 135.402083
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1913年大正2年)兵庫県川辺郡尼崎町に尼崎町立実科高等女学校として創立した(文部省告示第80号3月29日付で設置と4月開校を認可[1]。のちに尼崎市立高等女学校に改称[2])。

太平洋戦争後の学制改革に伴い、新制の高校「尼崎市立尼崎高等学校」に改編。全日制普通科を設置した(1学年240名[3])。2000年平成12年)から体育科を併置している(1学年あたり80名[3])。

進路(大学進学)編集

卒業後の進路の状況は、2020年度の大学入試(2019年度の卒業生)の場合、徳島大学4人をはじめ公立大に延べ30人が合格している[4]

春高バレーの名門編集

クラブ活動のバレー部は、男子が春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)に兵庫県代表として32回、2019年令和元年)まで21年間連続で出場している名門[5]

体罰、異例6教員を懲戒編集

部活中に生徒への暴力や体罰が多発し、2019年のアンケートで全生徒950人のうち数十人が体罰を受けたと回答[6]。生徒が意識を失うまで平手打ちしていたバレー部のコーチら教員6人が懲戒処分となった。市教委によると「同じ学校で一度に6人の懲戒処分者が出るのは極めて異例」としている[7](詳細は不祥事の項目を参照)。

なお、陸上部では、顧問教諭による部員生徒への恫喝も一時取り沙汰された。

沿革編集

年表編集

基礎データ編集

交通アクセス編集

電車編集

姉妹校編集

授業編集

授業外国語の選択科目にハングル韓国朝鮮語)、中国語がある。また姉妹校の南旨高等校校(韓国)に当校の生徒代表を、当校に南旨高校の生徒代表を訪問させる交流がある。

諸活動編集

部活動編集

吹奏楽部の顧問が沖縄県伊良部島出身という縁で、甲子園に沖縄代表校が出場する際、遠方のため来場できない代表校の吹奏楽部に代わって、応援団に加わり「ハイサイおじさん」などを演奏している。2021年に行われた第93回選抜高等学校野球大会では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ブラスバンドの演奏が禁止されたため、出場校の吹奏楽部が事前に録音した音源を使用できることになったが、録音環境が無かったり吹奏楽部がない学校は、本校の吹奏楽部が演奏した音源を使用することが出来る事となった。[9]

運動部

文化部

高校関係者と組織編集

関連団体編集

  • 市立尼崎高等学校同窓会 - 同窓会。固有の団体名は無し

高校関係者一覧編集

経済編集

学芸編集

芸能編集

スポーツ編集

バレーボール編集
プロ野球編集
サッカー編集
そのほかスポーツ編集

不祥事編集

障害生徒を不合格、訴訟に編集

1991年平成3年)3月19日、入学希望の障害者の生徒の合格を取り消し、訴訟となる[10]

バレー部と硬式野球部で暴力編集

2019年令和元年)5月、バレー部のコーチによる暴力事件が発覚。28歳男性コーチは、生徒が意識を失うまで平手打ちしていた上、監督の51歳教諭救急車を呼ばず報告もしなかった。硬式野球部でも、部長の39歳男性教諭が、生徒の頭や胸を強く押すなど10件以上の体罰を加えていた[7]

水泳部いじめ複数、市教委も放置2年間編集

2020年2月、水泳部女性部員によるいじめ事件について市教育委員会が調査を進めていることが公表[11]。被害生徒は2017年夏ごろから複数女子部員に仲間外れにされ、悪口を言われ、11月から不登校となり、保護者から「重大事態に当たるので調べてほしい」と申告したが、高校も市教委も2年以上放置。生徒は2018年3月に退学したが、別の部員も2019年夏以降に被害を訴えて不登校になっている[12]。尼崎市教委が設置した第三者委員会2021年3月17日に、いじめの存在があったと認定した上で、ミーティングで被害生徒が逆に責められたり謝罪させられるなどしたことが不登校に繋がったと指摘。また市教委は、2017年の件について、当時の男性教頭らが被害生徒の転学願を無断作成したことが判明したとして、同年2月26日付で教頭ら2人を懲戒処分に[13]

出典編集

  1. ^ a b 官報大正2年(1913年)4月5日第197号
  2. ^ a b 官報 大正8年(1919年)2月6日第197号
  3. ^ a b 2020年度 兵庫県公立高校 募集人員” (日本語). 育伸社. 2020年11月17日閲覧。
  4. ^ ホームページ2020.xlsx” (日本語). 尼崎市立尼崎高等学校. 2020年11月17日閲覧。
  5. ^ 【春高バレー】兵庫 男子は市尼崎、女子は氷上がV” (日本語). 産経新聞産経ニュース (2019年11月11日). 2020年11月17日閲覧。
  6. ^ 「体罰受けた」数十人回答 市立尼崎高生徒アンケート” (日本語). 産経新聞「産経ニュース」 (2019年6月7日). 2020年11月17日閲覧。
  7. ^ a b 市立尼崎高体罰、教諭ら6人懲戒処分 兵庫、尼崎市長委” (日本語). 産経新聞「産経ニュース」 (2019年7月19日). 2020年11月17日閲覧。
  8. ^ a b 沿革概要” (日本語). 尼崎市立尼崎高等学校. 2020年11月17日閲覧。
  9. ^ [1]
  10. ^ 訴訟記録
  11. ^ いじめ被害者が加害者に謝罪、顧問が指示 不登校に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年2月27日閲覧。
  12. ^ 市立尼崎高 いじめ2年放置 生徒は退学” (日本語). 産経新聞「産経ニュース」 (2020年3月17日). 2020年11月17日閲覧。
  13. ^ 市尼崎高水泳部いじめ2件認定 第三者委 転学願無断作成で処分 毎日新聞 2021年3月17日

関連項目編集

外部リンク編集