林義勝(はやし よしかつ、昭和25年(1950年3月3日 - )は、日本写真家東京都出身。

経歴編集

昭和を代表する写真家林忠彦の四男。人物写真撮影でのデビューを機に、エディトリアルの分野で活躍。歌舞伎能楽などの「伝統芸能」の写真や、文学風土などの「歴史」を背景に織り込んだ、テーマ写真を得意とし、写真集雑誌執筆などで活躍中。現在、日本の原風景および「龍」「能」などの撮影に取り組む。国内及び海外で写真展を多数開催し、成功を収める。現在、フォトセミナー、審査などを通して、写真愛好家の育成にも携わっている。現、公益社団法人日本写真家協会会員。林忠彦作品研究室代表。

略年譜編集

  • 昭和25年(1950年):東京都で林忠彦の四男に生まれる。
  • 昭和48年(1973年):東京総合写真専門学校卒業。
  • 昭和49年(1974年):初の個展「芸能人100人の顔」を銀座富士フォトサロンほかで開催。
  • 昭和49年(1974年):日本写真家協会入会
  • 昭和52年(1977年):「中村勘九郎写真展」ミノルタフォトスペースほか。
  • 昭和55年(1980年):個展「弓を引くヘラクレス・経営者 簗瀬次郎」銀座コダックフォトサロン

作品集編集

  • 1993年『京の茶室 瀬戸内寂聴さんと訪れる』(林忠彦 共著)婦人画報社
  • 1993年『十二支伝説』PHP研究所
  • 1995年『良渚遺跡への旅 幻の長江文明』(稲盛和夫梅原猛共著 )PHP研究所
  • 1997年『幽-観世榮夫の世界』(観世榮夫 共著)小沢書店
  • 1997年 ビジュアルガイド『毛利元就』PHP研究所
  • 1998年『英語で歌う日本の歌』No.1・No.2<写真>ジャパンタイムズ
  • 1999年『龍伝説』NHK出版
  • 1999年『歴史写真紀行 元禄の夢跡』日本写真企画
  • 2000年 カレンダー『龍の起源』が通商産業大臣賞を受賞
  • 2002年『OMOTE 観世宗家能面』(観世清和・増田正造 共著)檜書店
  • 2005年『新シルクロード』(共著)NHK出版
  • 2006年『東海道の旅』ウェッジ
  • 2009年『ゆずり葉』(共著)三省堂
  • 2010年『茶室』(林忠彦共著)イタリア・エレクタ社
  • 2012年『ちょっと失礼・芸能人100人の顔1969〜75年』(日本カメラ財団)
  • 2013年『中村勘三郎1975年〜82年』(日本カメラ財団)
  • 2015年『オヤジの背中』(写真家林忠彦・父林忠彦)日本写真企画

関連項目編集