メインメニューを開く

檜書店(ひのきしょてん)は、日本出版社。観世流大成版謡本や、能楽関連図書などを発行している謡本出版・能楽専門出版社である。

株式会社檜書店
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ひのき
本社所在地 日本の旗 日本
101-0052
東京都千代田区神田小川町二丁目1番
設立 1659年2月
業種 出版業
法人番号 7010001027571 ウィキデータを編集
事業内容 能楽関係書籍の出版・販売、及び謡仕舞の稽古用品の販売
代表者 檜常正
資本金 2000万円
外部リンク http://www.hinoki-shoten.co.jp/
テンプレートを表示

出版物編集

  • 観世流宗家謡本・特製一番本
  • 金剛流謡本
  • 能楽関連図書
  • 月刊「観世」

etc...

歴史編集

万治2年(1659年)2月 (一説には寛永頃)、初代山本長兵衛京都二条通御幸町西入で観世流謡本を出版したのが始まりである。当初は私的に出版していたが、元禄頃より観世重賢と繋がりを持ち、観世流宗家公認の謡本を出版するようになった。江戸後期には麩屋町東入に移転する。

慶応2年、両替商をしていた橋本太右衛門常祐が山本長兵衛の版権を買い取り、二条通柳馬場西入で出版業を始めた。明治には橋本常祐は屋号の檜屋から檜姓を創始し、檜常介・檜常之助などと名乗った。

金剛謹之輔とも親交を深め、明治31年(1898年)には金剛流謡本も手がけるようになった。

大正6年(1917年)3月、現在地の東京市神田区錦町一丁目に東京店檜大瓜堂を開店する。昭和3年6月には合資会社檜書店を設立し、東京店を本店とした。平成14年(2002年)11月株式会社に改組した。平成25年(2013年)5月末をもって、創業の地である京都店を閉店した。[1]

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ 能楽書伝承、350年に幕 「檜書店」京都店が閉店”. 京都新聞 (2013年5月31日). 2013年6月1日閲覧。