柳原資明

鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿。日野俊光の四男。母は三位局(亀山院女房)。正二位・権大納言、院別当。柳原家の祖・初代。子に柳原宗光-慶子(典侍)

柳原 資明(やなぎわら[1] すけあきら)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿藤原北家真夏日野家権大納言日野俊光の四男。官位は正二位・権大納言。「柳原殿」と称される邸宅に住んでいたため、柳原を家名とした。柳原家の祖。

経歴編集

正安3年(1301年)に従五位下に叙任され、文保元年(1317年)に花園天皇蔵人に任じられて以後は、専ら持明院統天皇上皇に仕えた。後に右大弁左大弁参議を歴任後、光厳天皇の下で正三位権中納言にまで上るが、鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇建武の新政によって昇進人事を無効とされると激しく反発した。

足利尊氏によって光明天皇が擁立され光厳上皇の院政が開始されると、改めて権中納言に任じられて、以後北朝の有能な実務官僚として活躍した。延元2年/建武4年(1337年)に権大納言に上った。正平元年/貞和2年(1346年)に一旦は引退したものの、2年後には光明上皇の、さらに観応の擾乱後には崇光上皇別当を務めた。

正平8年/文和2年(1353年)7月27日に薨去。死因は赤痢であると伝えられている。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、761頁。
先代:
日野俊光
柳原家
初代
次代:
柳原忠光