柳家つばめ (5代目)

5代目柳家 つばめ(やなぎや つばめ、1928年昭和3年)4月30日 - 1974年(昭和49年)9月30日)は、落語家。本名、木村 栄次郎(きむら えいじろう)。出囃子は『外記猿』。

5代目 柳家 つばめやなぎや つばめ
本名 木村 栄次郎(きむら えいじろう)
生年月日 1928年4月30日
没年月日 (1974-09-30) 1974年9月30日(46歳没)
出身地 日本の旗 日本宮城県石巻市
師匠 5代目柳家小さん
名跡 1. 柳家小伸(1952年 - 1954年)
2. 5代目柳家小山三(1954年 - 1960年)
3. 夢月亭歌麿(1960年 - 1963年)
4. 5代目柳家つばめ(1963年 - 1974年)
出囃子 外記猿
活動期間 1952年 - 1974年
活動内容 新作落語
所属 落語協会

目次

人物編集

宮城県石巻市の出身。大学卒の落語家第一号。國學院大學卒業後、神奈川県藤沢市の中学校の教師から噺家になった変り種。

字心、絵心もあって楽屋の楽屋帳もビラ文字(寄席文字)で丁寧に書いていた。高座では似顔絵を描く演出も試み、漫画家清水崑にも入門し雑誌等に絵や文章が掲載されるほどの腕前であった。高座で描いたこともあった。

落語は前座時代は古典落語を演じたが後に新作落語中心で、『腹ぺこ太平記』『歯科医の恐怖』『トイレット部長』『笑いの研究』『佐藤栄作の正体』など才気あふれるものであった。当時の政治や社会を風刺した『つばめ政談』は、単行本にもなっている。特に当時の首相を題材にした『佐藤栄作の正体』はNETテレビで演じた際、政府からクレームが来て放送禁止になっている。

おおらかな性格で、内弟子時代、師匠の小さんよりも遅く起きたことを叱られても「私は十二時間寝ないと頭がはっきりしません。」と言ってのけたことがあった。そんなところがかえって小さんに気に入られ、将来の一門を率いる逸材と目されていた。それだけに、彼の早過ぎる死は小さんに大きな衝撃を与え、告別式ではあえて自身の出囃子『序の舞』を流し、あいさつでは男泣きに泣いて言葉が出ないほどであった。

略歴編集

著書編集

  • 落語の世界(1967年、講談社 / 文庫版:2009年、河出文庫
  • お色気落語の研究(1970年、講談社)
  • 落語政談 私は栄ちゃんと呼ばれたい(蕗沢紀志夫共著、1971年、立風書房
  • 落語やろー(1972年、どみに社[1]
  • 創作落語論(1972年、三一書房 / 文庫版:2009年、河出文庫)
  • 73版つばめ政談 角さんどーする(1973年、立風書房)

弟子編集

脚注編集

  1. ^ 『落語の世界』河出文庫、解説(大友浩

参考文献編集