メインメニューを開く

柴玲(さい れい、チャイ・リン、1966年4月15日 - )は中華人民共和国の民主化活動家。六四天安門事件の学生指導者。

柴玲
Chai Ling.JPG
プロフィール
出生: (1966-04-15) 1966年4月15日(53歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国山東省日照市
職業: 民主化運動家
各種表記
繁体字 柴玲
簡体字 柴玲
拼音 Chǎi Líng
和名表記: さい れい
発音転記: チャイ リン
テンプレートを表示

来歴編集

1987年北京大学心理学科を卒業、北京師範大学児童心理研究所で学位を取得。六四事件時、ハンガー・ストライキ発起した一人であり、天安門広場絶食団を担当、保衛天安門広場指揮部の総指揮官だった。王丹ウーアルカイシらとともに学生指導者として中国全土にニュース放映される。かつて別の学生指導者封従徳と夫婦関係だった。六四事件後、中華人民共和国政府に指名手配される。1990年4月香港を経由して中国から逃亡し、10か月後にフランスパリに到着。後に封従徳と離婚し、アメリカ合衆国に留学して、2001年にはアメリカ人と結婚、三人の娘がいる。1993年プリンストン大学の国際関係学と政治学の学位を取得、後にボストンベイン・アンド・カンパニーに勤務、1996年ハーバード・ビジネス・スクールに入学、1998年経営学修士の学位を得る。同年夫婦でコンピューター会社 Jenzabar, Inc,を創設、現在経営責任者。

エピソード編集

ノルウェーの議員2名の推薦で1990年のノーベル平和賞候補になった[1]

脚注編集

  1. ^ China Protest Leader Escapesニューヨーク・タイムズ 1990年4月4日

外部リンク編集