ハーバード・ビジネス・スクール

ハーバード・ビジネス・スクール: Harvard Business School, HBS)は、ハーバード大学経営大学院である。最も伝統的なビジネススクールのひとつであり、Business Weekの2016年のランキングでは全米で第1位、QS World University Rankingsでは世界第1位、Finantial Timesでは世界第4位に選ばれている[2][3][4]M7の参加校。

Harvard Business School
Harvard business school baker library 2009a.JPG
種別 私立
設立年 1908
資金 US$2.8 Billion[1]
学部長 ニティン・ノーリア
教員数
200
職員数
1,100
学生総数 1,937
1,837 MBA
100 Ph.D.
所在地 アメリカ合衆国
マサチューセッツボストン
北緯42度22分02秒 西経71度07分21秒 / 北緯42.36722度 西経71.12253度 / 42.36722; -71.12253座標: 北緯42度22分02秒 西経71度07分21秒 / 北緯42.36722度 西経71.12253度 / 42.36722; -71.12253
キャンパス 都市部
ハーバード大学
公式サイト HBS.edu
テンプレートを表示

プログラム編集

MBA編集

学位 MBA: Master of Business Administration

日本語学位名 経営学修士

ハーバード・ビジネス・スクールは、Master of Business Administration略称MBA経営学修士)プログラムを1908年に設立した。MBAを習得する為、世界各国からハーバード・ビジネス・スクールに学生が集まってくる。ハーバード・ビジネス・スクールは、特にケースメソッド方式(事例研究法)を授業スタイルとして採用したことで有名である。ケースメソッド方式は、ハーバード・ロー・スクールにおいて、元来、開発され、それをビジネススクールに応用した。学生は、事前にビジネスの状況が描かれたケースを分析した上で、対話中心の授業に臨む。

学内は、ハーバード大学のメインキャンパスから、チャールズ川を挟んだ向こう側であるボストン市オールストンにある。ケネディスクールと向かい合わせである。

日本人留学生数は、日本経済の伸長に伴い、一時期増加傾向にあった。しかし、現在は減少し、年十人弱で推移している。東京地区において活躍しているハーバード・ビジネス・スクール卒業生の人数は250人程度である。

直近2021年度のMBA生の卒業直後の総年収の中央値は、$215,000(日本円換算で24,443,350円 2021年12月8日時点)である。[5]

Ph.D.編集

学位 Doctor of Philosophy (Ph.D.) in Business Administration/Business Economics/Organizational Behavior/Health Policy Management

日本語学位名 博士 (経営学)

将来ビジネススクールで教鞭をとる教授・研究者の養成を目的としたプログラム。会計学(Accounting & Management)、 マーケティング(Marketing)、 ビジネス経済学(Business Economics)、経営管理(Management)、 組織行動(Organizational Behavior)、 戦略(Strategy)、技術&オペレーション管理(Technology & Operation Management)、医療政策管理(Health Policy Management)の8プログラムに各10数名在籍している。各プログラムに1学年若干名が在籍している。

最初の2年間は専門分野を中心にコースワークと研究論文の提出が必須とされ、その後2〜4年間が博士論文の執筆に費やされる。また、在学中にハーバード大学の学部生向けセミナーやハーバード・エクステンション・スクールの修士課程、及び、ビジネススクールでのMBA課程の授業の一部で教鞭をとることが必須とされている。

ビジネススクールに置ける他のプログラムと異なり、授業料は免除され、加えて大学の教員・研究員として毎月の給料が支払われる。博士号取得後、大半の卒業生はハーバード大など欧米を中心に世界各国のビジネススクールの助教授に就任する。

伝統的にDoctor of Business Administration (DBA)学位を授与していたが、世界的にDBAが研究ではなく実務家向けの学位という認識が広まった事等を踏まえ、Doctor of Philosophy (Ph.D.)プログラムに移行された。これに伴い、ハーバード大学文理大学院と経営大学院のジョイント・プログラムとなった。

著名な卒業生にはマイケル・ポータークレイトン・クリステンセン、日本人では、石倉洋子藤本隆宏國領二郎などがいる。

エクゼクティブ・エデュケーション(経営人材養成プログラム)編集

ハーバード・ビジネス・スクールには、学位取得できるMBA/DBAプログラムの他に、学位とは無関係なエクゼクティブ・エデュケーション(経営人材養成プログラム)が存在する。

これらのプログラムは主に

①Focused Programs(マネジメントやマーケティング、財務、リーダーシップなど、1つのトピックについて短期集中で学ぶマネジャー層向けプログラム)

②Custom Programs(企業ごとの課題を解決することに主眼をおいたオーダーメイドのプログラム)

③Comprehensive Leadership Programs(主に後述するAMP、GMP、PLDなど)

の3つに大別される。

一般的には①のFocused Programsが多く用意されているが、エグゼクティブエデュケーションの中でもアルムナイ(卒業資格)が授与され、ハーバード・ビジネス・スクールの卒業生ネットワークに加入できる数少ないプログラムとして、AMP、GMP、PLDなどが存在する。ハーバード・ビジネス・スクールでは、このうち最も若年層に提供されているPLDをエグゼクティブMBA(EMBA)の代替として位置付けており、AMPおよびGMPはより上の階層向けのプログラムとなっている。

AMP編集

プログラム名 AMP:Advanced Management Program (certificate program)

日本語名 アドバンスド・マネジメント・プログラム

AMPは、約2カ月間に亘る経営人材養成プログラムで、数多くのグローバル企業のCEOを輩出している。授業料は、約2カ月間で8万4000ドル(およそ950万円)。大手グローバル企業からの社費派遣者が主な受講者で参加するには厳しい審査があり、世界的にも著名な教授陣の下で厳しいカリキュラムに集中的に取り組む必要がある。

主な参加者は、大企業においてCEOの1、2階級下の指導的地位にあり、会社の後継者計画の中心的存在として認識されている実績のあるビジネス・エグゼクティブ(経営委員会のメンバー、主要ビジネスユニットの責任者、オペレーティング・グループの上級メンバーなど)や大きな成長機会のある中堅企業でC-suiteレベルの役職に就いている方。特に、上級管理職や会社役員としての豊富な経験を含め、20年以上の職務経験を持つ上級管理職に適している。

修了時にアルムナイ(卒業資格)が授与され、ハーバード・ビジネス・スクールの卒業生ネットワークに加入できる数少ないプログラムの1つである。

GMP編集

プログラム名 GMP:General Management Program (certificate program)

日本語名 ジェネラル・マネジメント・プログラム

AMPと並ぶハーバード・ビジネス・スクールのエクゼクティブ・エデュケーションの看板プログラムの一つ。

GMPは、約4カ月間に亘る経営人材養成プログラムで、授業料は約4カ月間で7万5000ドル(およそ850万円)。AMP同様に大手グローバル企業からの社費派遣者が主な受講者で参加するには厳しい審査があり、世界的にも著名な教授陣の下で厳しいカリキュラムに集中的に取り組む必要がある。

主な参加者は、少なくとも15年から20年の経験を持ち、知識と影響力を高め、組織に大きな影響を与え、個人の目標を達成したいと考えているシニアエグゼクティブを対象としており、損益計算書に責任を持つリーダーや機能的な役割が大幅に拡大しているシニア・エグゼクティブに適している。

AMP同様に修了時にアルムナイ(卒業資格)が授与され、ハーバード・ビジネス・スクールの卒業生ネットワークに加入できる。

PLD編集

プログラム名 PLD:Program for Leadership Development (certificate program)

日本語名 リーダーシップ開発プログラム

PLDは、7ヶ月間で、4つのモジュールにおいて、グローバルリーダーに必要な会計や金融の基礎知識からはじまり、ビジネス戦略、マーケティング、オペレーション、組織改革する上でのリーダーシップ等を学ぶ。モジュール1と3は、オンラインで教育が行われ、グループワークによる課題と評価が課される。モジュール2と4は、完全寄宿制で、教授陣によるケースベースでの授業に加え、政界や経済界の著名人からプレゼンテーションスキルやビジネスの心得なども学ぶ。

主な参加者は、少なくとも10年から15年の経験を持つエグゼクティブを対象としており、授業料はモジュール5まで含めて7万9000ドル(およそ900万円)。

2013年からモジュール5修了後には、アルムナイ(卒業資格)が授与され、ハーバード・ビジネス・スクールの卒業生ネットワークに加入することができるようになった。

教員編集

著名な卒業生編集

その他、ゴールドマン・サックスモルガン・スタンレー、メリルリンチ、JPモルガンブラックストーン、カーライル、マッキンゼー&カンパニーボストン・コンサルティング・グループベイン&カンパニーニューヨーク証券取引所、GE、IBM、スターバックスステイプルズリーバイスアディダスゼロックスボーイングタイム誌ヤフーなどの経営者、設立者など多くの人材を輩出している(英語版参照)。

ベーカー・スカラー編集

ベーカー・スカラー(Baker Scholar)とは、2年間を通じてカテゴリーIが7割以上で、成績上位5%の生徒に与えられるタイトル。

参照編集

  1. ^ [1]
  2. ^ https://www.bloomberg.com/features/2016-best-business-schools/
  3. ^ https://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2016/business-management-studies
  4. ^ http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/global-mba-ranking-2017
  5. ^ ハーバードビジネススクール|海外MBA比較のPeetslist”. 2021年12月8日閲覧。

外部リンク編集