メインメニューを開く

柴田 夘一(しばた ういち、1886年明治19年〉3月7日 - 1971年昭和46年〉2月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

柴田 夘一
生誕 1886年明治19年)3月7日
日本の旗 日本福岡県
死没 1971年昭和46年)2月18日
所属組織 日本陸軍
軍歴  1909年(明治42年) - 1945年(昭和20年)
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

福岡県出身。1909年(明治42年)5月、陸軍士官学校(21期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官。

1937年(昭和12年)8月、歩兵大佐に昇進。同年9月、歩兵第4連隊留守隊長に就任。1939年(昭和14年)1月、歩兵第104連隊長となり支那事変に出征。1940年(昭和15年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第103旅団長に就任。宜昌作戦などに従軍し太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)9月、第12独立守備隊長となる。1944年(昭和19年)6月、陸軍中将に進み、罷免された山内正文前師団長と交代し第15師団長に発令されインパール作戦に従軍。1945年(昭和20年)2月に待命となり、同年4月、予備役に編入された。同年7月に召集され、熊本陸軍予備士官学校長に発令され、終戦を迎えた。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。