メインメニューを開く

山内 正文(やまうち まさふみ、1891年明治24年)10月8日[1][2] - 1944年昭和19年)8月6日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。旧姓・秋山。

山内 正文
生誕 1891年10月8日
大日本帝国の旗 大日本帝国 滋賀県
死没 (1944-08-06) 1944年8月6日(52歳没)
Flag of Burma 1943.svg ビルマ国
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1913年 - 1944年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 中将
テンプレートを表示

経歴編集

滋賀県出身[1][3]。裁判官・秋山正義の息子として生まれる[1]膳所中学校卒を経て、1913年(大正2年)5月、陸軍士官学校(25期)を卒業[1][2]。同期に武藤章富永恭次佐藤幸徳田中新一山崎保代らがいる。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第60連隊付となる[1]

1924年(大正13年)11月、陸軍大学校(36期)を卒業[2][3][4]綾部橘樹有末精三斎藤義次小畑信良らが同期。陸軍きっての逸材と評されたが、中学出身であるため傍流とみなされていた[要出典]1925年(大正14年)3月、歩兵第39連隊中隊長に就任[1]。以後、参謀本部付勤務、参謀本部員、歩兵第33旅団司令部付、第10師団司令部付を歴任[1]

1928年(昭和3年)8月、歩兵少佐に昇進し、同年11月からアメリカ駐在となり、1932年(昭和7年)、カンザス米陸軍大学校を卒業した[1]。同年6月、歩兵第8連隊付となり、同年8月、歩兵中佐に進級[1]1933年(昭和8年)8月、陸大教官に就任[1][3]1934年(昭和9年)11月から翌年1月までフィリピンに出張[1]教育総監部課員を経て、1936年(昭和11年)8月、歩兵大佐に昇進し台湾軍参謀に就任[1][3]1937年(昭和12年)8月、兵科航空兵科に転じ航空兵大佐となる[1]。同年12月から翌年2月まで、第5軍参謀を兼務した[1][3]

1938年(昭和13年)4月、アメリカ大使館付武官となり、1939年(昭和14年)3月、陸軍少将に進級[1][3]。同年12月、参謀本部付となる[1][3]。日本軍きってのアメリカ通と言われた[要出典]1940年(昭和15年)3月、第36歩兵団長に発令され日中戦争に出征[1][2][3]第12軍参謀長を経て、1941年(昭和16年)10月、陸軍中将に進み第1独立守備隊司令官となる[1][3]1942年(昭和17年)6月、第15師団長に親補され、インパール作戦に参戦[1][2][3]。同作戦中、多くの将兵と同じように自らもマラリヤに罹患し[要出典]柳田元三と共に上官である牟田口廉也に忌避され[要出典]1944年(昭和19年)6月10日、師団長を解任され参謀本部付[1][2][3]となる。のち収容先のメイミョウの兵站病院で結核のため病没した[1][2][3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『日本陸海軍総合事典』第2版、162-163頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』749頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』328頁。
  4. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版。162、575頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。