メインメニューを開く

第15師団(だいじゅうごしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。日露戦争中の1905年(明治38年)と、日中戦争勃発後の1938年(昭和13年)に編成された。

第15師団 (日本軍)
15th Division (Imperial Japanese Army).jpg
第十五師団司令部
創設 1905年明治38年)4月1日
廃止 1925年大正14年)5月
再編成 1938年昭和13年)4月4日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約25,000名/約15,000名
所在地 豊橋-満州-朝鮮京都-華北-ビルマ-タイ
編成地 豊橋/京都
通称号/略称
補充担任 第十五師管(豊橋)/京都師管区
最終上級単位 天皇直隷/第18方面軍
最終位置 豊橋/タイ カンチャナブリ
主な戦歴 日露戦争日中戦争-太平洋戦争
テンプレートを表示
司令部庁舎
(現・愛知大学記念館
愛知大学・第十五師団司令部址
偕行社庁舎
戦後、愛知大学短期大学部本館として使用されたが、老朽化に伴い、2011年に取り壊された[1]

第一次編成編集

日露戦争で日本は従来の師団総てを動員した為、本土駐留師団がなくなる事態となった。そこで第15師団を含む4個師団が創設された[2]

第15師団は1905年(明治38年)4月1日愛知県豊橋市で編成され、日露戦争後講和条約で認められた朝鮮半島の警備に従事する。1907年3月28日、輜重兵第15大隊を除き師団は千葉県千葉郡習志野に移転し、輜重兵第15大隊は同月24日に東京市牛込区陸軍戸山学校構内に移転した[3]1908年11月14日、師団司令部は愛知県渥美郡高師村に移転し、同月16日から事務を開始[4]1918年8月14日、兵器部が師団司令部内に移転し事務を開始[5]。その後、1925年(大正14年)に加藤高明内閣で行われた所謂「宇垣軍縮」によって4個師団の廃止が決まり、第15師団も第13第17第18師団と共に廃止された。

第一次編成の第15師団の跡地に近衛篤麿らの東亜同文会が設立した東亜同文書院大学の後裔愛知大学(愛知県豊橋市町畑町)がある。

歴代師団長編集

  • 沖原光孚 中将:1905年(明治38年)7月17日 - 1906年(明治39年)7月6日
  • 平佐良蔵 中将:1906年(明治39年)7月6日 - 1907年(明治40年)1月28日
  • 中村覚 中将:1907年(明治40年)1月28日 - 1908年(明治41年)12月29日
  • 内山小二郎 中将:1909年(明治42年)1月14日 - 1912年(大正元年)11月27日
  • 井口省吾 中将:1912年(大正元年)11月27日 - 1915年(大正4年)1月25日
  • 由比光衛 中将:1915年(大正4年)1月25日 - 1917年(大正6年)8月6日
  • 久邇宮邦彦王 中将:1917年(大正6年)8月6日 - 1918年(大正7年)8月9日
  • 尾野実信 中将:1918年(大正7年)8月9日 - 1919年(大正8年)11月25日
  • 市川堅太郎 中将:1919年(大正8年)11月25日 - 1922年(大正11年)8月15日
  • 田中国重 中将:1922年(大正11年)8月15日 - 1925年(大正14年)5月1日(廃止)

歴代参謀長編集

  • 飯田左門 歩兵大佐:1905年(明治38年)7月17日[6] - 1907年10月22日[7]
  • 白井二郎 歩兵中佐:1907年(明治40年)10月22日 - 1909年4月1日[8]
  • 伊藤瀬平 歩兵大佐:1909年(明治42年)4月1日 - 1910年11月30日[9]
  • 町田経宇 歩兵大佐:1910年(明治43年)11月30日 - 1912年3月5日[10]
  • 鈴木朝資 歩兵大佐:1912年(明治45年)3月5日 - 1913年8月31日[11]
  • 朝久野勘十郎 歩兵大佐:1913年(大正2年)8月31日 - 1914年8月10日[12]
  • 三原辰次 歩兵大佐:1914年(大正3年)8月10日 - 1916年8月18日[12]
  • 山田軍太郎 歩兵大佐:1916年(大正5年)8月18日 - 1918年10月3日[13]
  • 馬場儀雄 歩兵大佐:1918年(大正7年)10月3日 - 1922年8月15日[14]
  • 野田久吉 歩兵大佐:1922年(大正11年)8月15日 - 1923年8月6日[15]
  • 守房太郎 歩兵大佐:1923年(大正12年)8月6日 - 1924年12月15日[16]
  • 久木村十郎次 歩兵大佐:1924年(大正13年)12月15日 - 1925年(大正14年)5月1日[17]

最終所属部隊編集

  • 歩兵第17旅団 (豊橋)
  • 歩兵第29旅団(静岡)
  • 騎兵第4旅団 (豊橋)
    • 騎兵第19連隊(豊橋)
    • 騎兵第25連隊(豊橋)
    • 騎兵第26連隊(豊橋)
  • 野戦重砲兵1旅団(三島)
    • 野戦重砲兵第2連隊(三島)
    • 野戦重砲兵第3連隊(三島)
    • 野砲兵第21連隊(豊橋)
  • 工兵第15大隊(豊橋)
  • 輜重兵第15大隊(豊橋)

第二次編成編集

日中戦争が起こると1925年(大正14年)に廃止された師団番号を利用し復活した。これを第二次編成と呼ぶ。

そもそもは、第26師団に引き続き1938年(昭和13年)4月に、第15第17第21第22第23の5コ師団が編成された。これら5コ師団は、年々劣勢になる関東軍の対ソ戦力差を埋める方策として、満州部隊任務を前後半に分離し、常設師団を前線に専念させる為、後方守備担当を目的に編成された歩兵三個連隊編制の警備師団である。その為、編成装備は特設師団に準ずる次等とされた。

第15師団は留守第3師団の編成担任であったが、充員不足の為、第1師管(東京)と第16師管(京都)も編成を分担した。 前年の昭和12年に、母体の第3師団が上海において多大な損害を受けており、その充員に苦労しており、動員計画のあった特設師団の第15師団を編成できないほどの状態だった。(同じ理由で、第5師団(広島)、第11師団(善通寺)も動員計画の特設師団を編成できなかった)

当初この5コ師団は第21から第25が予定され、留守第3師団の担当師団番号は第24が与えられていたが、軍備計画の一部変更があり、第3師団特設師団が編成されていなかった事もあり、新編成師団番号が前詰めになり空き番号の第15の師団番号が与えられた。 編成後の補充担任は留守第16師団とされた。

この新編成の5コ警備師団は、関東軍に配備される前に中国での戦力大幅増強集中による一撃撃滅への短期投入戦力の一部と企図され、丁度訓練不足であるのを短期実戦で行ったのち、関東軍に早期に配備される見通しだった。満州北部のハイラルに駐屯していた騎兵集団中国戦線に転用される事が決定した為、第23師団だけ直接満州へ派遣された。その後、中国への投入された第15師団含むの4コ師団は、戦線が膠着したため抜けられなくなり、ついに本来の編成目的である満洲に行くことは無かった。 そのまま中国大陸の日本占領地の警備や討伐作戦に従事。師団捜索隊は1940年7月に復帰、所属した装甲車中隊は歩兵団装甲車中隊となり、騎兵中隊は各歩兵連隊に分配された。これは中国戦線の現状に合わせた改正であり、一部を除く在支師団に同様の編成改正が行われた。

太平洋戦争開戦後も任務を継続。その後、1943年(昭和18年)6月にはビルマに在った第15軍に編入。9月には歩兵団司令部を南西第2守備隊司令部に転用された。それにともなって第15歩兵団装甲車中隊も南西第2守備隊戦車隊に転用された。1944年(昭和19年)3月インパール作戦に参加した。インパール作戦では作戦開始時に1万5000名を越えた将兵の半数を失う結果となった。そして昭和19年末にはイラワジ会戦が行われたが、戦力回復ができぬまま戦闘加入せねばならず、その結果またも甚大な損害を蒙った。1945年(昭和20年)8月初旬にタイに撤退命令を受け後退し同地で終戦を迎える。

歴代師団長編集

  • 岩松義雄 中将:1938年(昭和13年)7月15日 - 1940年(昭和15年)3月9日
  • 渡辺右文 中将:1940年(昭和15年)3月9日 - 1940年(昭和15年)5月28日
  • 熊谷敬一 中将:1940年(昭和15年)5月28日 - 1941年(昭和16年)8月20日
  • 酒井直次 中将:1941年(昭和16年)8月20日 - 1942年(昭和17年)5月28日(戦死)
  • 山内正文 中将:1942年(昭和17年)6月2日 - 1944年(昭和19年)6月10日
  • 柴田夘一 中将:1944年(昭和19年)6月10日 - 1945年(昭和20年)2月30日
  • (心得)山本清衛 少将:1945年(昭和20年)2月30日
  • 山本清衛 中将:1945年(昭和20年)3月1日 - 1945年(昭和20年)7月25日
  • 渡左近 中将:1945年(昭和20年)7月25日 - 終戦

歴代参謀長編集

  • 三国直福 砲兵大佐:1938年(昭和13年)7月15日 - 1939年8月1日[18]
  • 大野武城 歩兵中佐:1939年(昭和14年)8月1日- 1940年9月9日[19]
  • 川久保鎮馬 大佐:1940年(昭和15年)9月9日 - 1943年3月11日[20]
  • 岡田菊三郎 大佐:1943年(昭和18年)3月11日 - 1944年10月5日[21]
  • 鈴木善康 大佐:1944年(昭和19年)10月5日[22] - 1945年月日不詳
  • 林正直 大佐:1945年(昭和20年)1月25日 - 1945年6月8日[23]
  • 佐孝俊幸 中佐:1945年(昭和20年)6月8日 - 終戦[24]

最終司令部構成編集

  • 参謀長:佐孝俊幸大佐
    • 参謀:今岡久夫中佐
    • 参謀:山中雅太少佐
    • 参謀:菅野周男少佐
  • 高級副官:北村将臣少佐
  • 兵器部長:檜垣克雄中佐
  • 経理部長:坂田輝一主計大佐
  • 軍医部長:岸本春栄軍医大佐
  • 獣医部長:坂田清獣医中佐

最終所属部隊編集

  • 歩兵第51連隊(京都):上田孝中佐
  • 歩兵第60連隊(京都):北部邦雄大佐
  • 歩兵第67連隊(敦賀):瀧口一郎大佐
  • 野砲兵第21連隊:藤岡勇大佐
  • 工兵第15連隊:千葉磨少佐
  • 輜重兵第15連隊:小川義弘中佐
  • 第15師団通信隊:福永哲郎少佐
  • 第15師団兵器勤務隊:石井孝晴大尉
  • 第15師団衛生隊:古北光太郎少佐
  • 第15師団第1野戦病院:弘中忠男少佐
  • 第15師団第2野戦病院:網谷郁少佐
  • 第15師団病馬廠:瀬川忠直大尉

脚注編集

  1. ^ NEWS 愛知大学短期大学本館跡地記念石碑を建立”. 愛知大学. 2015年9月10日閲覧。
  2. ^ 第15師団の他、1905年(明治38年)4月1日に第13師団が、同年7月6日に第14師団が、また7月18日に第16師団創設された。
  3. ^ 『官報』第7124号、明治40年4月2日。
  4. ^ 『官報』第7620号、明治41年11月18日。
  5. ^ 『官報』第1815号、大正7年8月20日。
  6. ^ 『陸海軍:将官人事総覧 陸軍篇』69頁。
  7. ^ 『官報』第7296号、明治40年10月23日。
  8. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』79頁。
  9. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』79頁。
  10. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』78頁。
  11. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』94頁。
  12. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』102頁。
  13. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』116頁。
  14. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』130頁。
  15. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』141頁。
  16. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』161頁。
  17. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』159頁。
  18. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』331頁。
  19. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』433頁。
  20. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』377頁。
  21. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』420頁。
  22. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』453頁。
  23. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』426頁。
  24. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』480頁。

参考文献編集

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 官報

関連項目編集

外部リンク編集