栃木県道47号真岡上三川線

日本の栃木県の道路

栃木県道47号真岡上三川線(とちぎけんどう47ごう もおかかみのかわせん)は、栃木県真岡市から河内郡上三川町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
栃木県道47号標識
栃木県道47号 真岡上三川線
主要地方道 真岡上三川線
路線延長 10.260 km
制定年 1993年
起点 真岡市荒町北緯36度26分28.4秒 東経140度0分38.8秒 / 北緯36.441222度 東経140.010778度 / 36.441222; 140.010778 (県道47号起点)
終点 河内郡上三川町大字上三川【北緯36度25分44.6秒 東経139度54分17.8秒 / 北緯36.429056度 東経139.904944度 / 36.429056; 139.904944 (県道47号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道46号標識
栃木県道46号宇都宮真岡線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道45号標識
栃木県道45号つくば真岡線
Japanese National Route Sign 0408.svg 国道408号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
栃木県道35号宇都宮結城線
Japanese National Route Sign 0004.svg新4号国道
Japanese National Route Sign 0352.svg 国道352号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

真岡市市街地から真西に伸び、上三川町で国道352号に合流する道路。かつては、現在は国道352号となっている河内郡上三川町 - 下都賀郡壬生町間も含んで「真岡壬生線」という路線名であった。

ほぼ全線に渡って4車線であるが、鬼怒川を渡る鬼怒大橋の西行きは車線が減少しており、本路線のボトルネックとなっている。

路線データ編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史編集

  • 1961年昭和36年)4月1日 - 主要地方道真岡壬生線として認定。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 同路線中の壬生町 - 石橋町(現:下野市)間が国道352号に指定され、同区間は重複指定となる。
  • 1983年(昭和58年)1月17日 - 路線変更により壬生町 - 石橋町間の県道指定が解除され、路線名が真岡石橋線に変更される。
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 同路線中の石橋町 - 上三川町間が国道352号に指定され、同区間は重複指定となる。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 路線変更により石橋町 - 上三川町間の県道指定が解除され、路線名が真岡上三川線に変更される。
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から、県道真岡上三川線が真岡上三川線として主要地方道に指定される[1]
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 起点が市役所前交差点から荒町寿町交差点に変更[2]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
真岡市並木町3丁目付近
 
上三川町上郷付近
栃木県道320号二宮宇都宮線との重複区間
 
上三川町上三川付近

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 栃木県県土整備部道路保全課 『道路現況調書 平成19年4月1日現在』、2008年

関連項目編集