日本 > 栃木県 > 真岡市 > 荒町

荒町(あらまち)は栃木県真岡市の地名。現行行政地名は荒町二丁目から荒町四丁目及び大字荒町。郵便番号は321-4305(真岡郵便局管区)。

荒町
真岡市役所
真岡市役所
荒町の位置(栃木県内)
荒町
荒町
荒町の位置
北緯36度26分25.53秒 東経140度0分48.34秒 / 北緯36.4404250度 東経140.0134278度 / 36.4404250; 140.0134278
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県
市町村 Flag of Moka Tochigi.svg 真岡市
地区 真岡地区
人口
2019年(令和元年)7月1日現在)[1]
 • 合計 3,849人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
321-4305
市外局番 0285(真岡MA)
ナンバープレート 宇都宮
※座標は真岡市役所付近

地理編集

田町・台町と並ぶ真岡市街を構成する3町のうちの一つで、北真岡駅南側に位置する。荒町二丁目・三丁目・四丁目は住居表示実施済みである。真岡市役所・警察署など市の主要施設が集中する市行政の中心地である。現庁舎所在地を含む周辺地域での新庁舎建設が計画されている。

歴史編集

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により芳賀郡真岡荒町が真岡田町、真岡台町、真岡熊倉町、西郷村、東郷村、中郷村、亀山村、上高間木村、西高間木村、下高間木村と合併し真岡町(初代)が成立。真岡荒町は真岡町荒町となる。
  • 1954年(昭和29年)3月31日 - 真岡町・大内村・中村・山前村が新設合併し真岡町(2代)が成立。
  • 1954年(昭和29年)10月1日 - 真岡町が市制施行し真岡市となる。真岡町荒町は真岡市荒町となる。
  • 1987年(昭和62年)5月27日 - 住居表示により荒町、台町、熊倉町、東郷、中郷の各一部が荒町二-四丁目となる[2]

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前(それぞれ一部)
荒町 1954年(昭和29年)10月14日[3]
荒町二丁目 1987年(昭和62年)5月27日[2] 荒町、台町、熊倉町、中郷
荒町三丁目 荒町、東郷
荒町四丁目 荒町、中郷、東郷

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)7月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目大字 世帯数 人口
荒町二丁目 351世帯 833人
荒町三丁目 562世帯 1,318人
荒町四丁目 468世帯 1,044人
荒町 267世帯 654人
1,648世帯 3,849人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[4]

町丁 小学校 中学校
荒町 真岡市立真岡小学校
真岡市立真岡東小学校
真岡市立真岡東中学校
荒町二丁目 真岡市立真岡小学校
荒町三丁目 一部 真岡市立真岡小学校
一部 真岡市立真岡東小学校
荒町四丁目 真岡市立真岡東小学校

交通編集

 
北真岡駅

鉄道編集

バス編集

関東バス東野バスにより複数の系統が運行されている。市の中心部である真岡駅入口方面 - 市役所前交差点 - 荒町交差点 - 東郷方面を経由しており、「荒町」「中の宿」など複数の停留所が設置されている。このルートは、現在真岡市街地の東を迂回する国道294号真岡バイパスの旧道にあたる。また、荒町三丁目には関東バスの真岡市内における運行拠点である真岡車庫がある。

道路編集

施設編集

 
真岡警察署

行政編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町名別人口”. 真岡市 (2019年7月1日). 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ a b 昭和62年2月13日栃木県告示第109号
  3. ^ 昭和29年10月14日栃木県告示第869号
  4. ^ 学区 真岡市

参考文献編集

外部リンク編集