メインメニューを開く

桂 南なん(かつら なんなん、1957年7月30日 - 、本名:柳沢洋市)は、日本の落語家である[1][2][3]落語芸術協会所属の真打[1][2]。出囃子は、あほだら教[1][2]

かつら なんなん
本名 柳沢やなぎさわ 洋市よういち
生年月日 (1957-07-30) 1957年7月30日(62歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
長野県生まれ)
師匠 二代目桂小南
名跡 1. 桂南なん(1977年 - )
出囃子 あほだら教
活動期間 1977年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会

長野県で出生し、千葉県で育つ[2][3]1977年2代目桂小南に入門する[1]。初高座は、浅草演芸ホールで勤めた[2]1981年10月、二ツ目昇進する[1]1991年5月、真打に昇進した[1]。趣味は、映画鑑賞、散歩など[2][3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 桂南なん(落語芸術協会公式)”. 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 桂南なんプロフィール(つぶらや演芸場)”. 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c 桂南なん(長崎寄席)”. 2018年12月30日閲覧。

外部リンク編集

  • 桂南なん - 協会員プロフィール・落語芸術協会