浅草演芸ホール

東京都台東区にある寄席

浅草演芸ホール(あさくさえんげいホール、英語ASAKUSA ENGEI HALL)は、東京都台東区浅草の通称「公園六区」と呼ばれる歓楽街の中心に位置する寄席である。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才手品などの色物芸が多数執り行われている。東洋興業株式会社が経営している。

浅草演芸ホール
ASAKUSA ENGEI HALL

浅草演芸ホール

情報
開館 1964年
運営 東洋興業株式会社
外部リンク www.asakusaengei.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

客席数は1階が239席、2階が101席の計340席と、都内にある寄席の中では最大であり、その他のお笑い専門劇場を含めてもルミネtheよしもと(458席)に次ぐ2番目の規模である。1階は全席椅子席で、テーブルはついてない。2階席にエレベーターはなく、階段でのみ行き来が可能である。

1階には売店があり、酒類も販売している。また自動販売機もある。

楽屋は下手側(客席から見て左側)にある。かつて、メクリ寄席文字(ビラ字)でなく、丸ゴシックを変形させた特殊な字体であった[1][2](木戸に書かれた出演者の名前も明朝体で書かれた時期がある。現在はいずれも寄席文字だが、いつ変わったのかは不明)

はとバスなどの日帰りバスツアーのプランに組み込まれて入場する団体客が多く、読売ファミリーサークルなどの招待券で無料入場する観客も多い。また観光地の中心にあり、演芸ホール自体が観光地化していることもあり、寄席の出演者にかかわらず混雑していることが多く、立ち見を強いられることも多い。そのようなことから、落語ファンではない客層が多い寄席ということもあり、客同士がおしゃべりをしたり、携帯電話の着信音がなるなどノイズが多く、他の寄席に比べて騒がしい。このような騒がしさを落語家もマクラなどでネタにすることが多く、もっぱら落語ファンの間で「浅草の客」といえば、ガヤガヤとした落ち着きがない客のことを指す。

略歴編集

前史編集

「浅草演芸ホール」の位置する浅草公園六区4号地北東の角地には、1884年明治17年)に同地が区画整理され、その後に建てられた「開進館勧工場」があり、1907年(明治40年)7月16日、同勧工場に替わって、映画会社・吉沢商店(現在の日活の前身の一社)が開場した映画館「三友館」が開場した[3]

1945年昭和20年)、第二次世界大戦が終了、6年後の1951年(昭和26年)、東洋興業が、「三友館」跡地にストリップ劇場「フランス座」を開業した。

戦後長く、芸処・浅草に落語定席が無かった。日本芸術協会(現在の落語芸術協会)の幹部落語家・2代目桂枝太郎は、同じアパートにたまたま東洋興業従業員が住んでいたことから、同社社長・松倉宇七に浅草に寄席を作るよう直談判した。

松倉も元々はストリップより演劇をやりたかったので、企画替えとして「フランス座」を閉鎖・改装し、1964年(昭和39年)、演劇の新しい劇場「東洋劇場」を開業した。渥美清萩本欽一ビートたけしらを輩出した[4]

開場編集

1964年(昭和39年)、「東洋劇場」の建物を増築、4階と5階に落語定席「浅草演芸ホール」は開場した[5]

1971年(昭和46年)、東洋興業が同地での演劇から撤退し、1階の「東洋劇場」を閉鎖した。空いた1階に本ホールが移った[5]

同年、上階に再開場した「フランス座」は、1982年(昭和57年)に再度閉館、1987年(昭和62年)に三度開場したが、経営不振により1999年平成11年)ストリップ興行を打ち切った[4]。かつて東洋興業が経営していた「ロック座」は、既に元踊り子・斎藤智恵子に譲り渡していたため、東洋興業は遂にストリップから完全撤退となった。2000年(平成12年)、建物上部を改装し色物専門の演芸場「東洋館」として新規開場、本ホールの姉妹館となった。

2020新型コロナウイルス感染症流行に伴う対応編集

2020年(令和2年)、新型コロナ感染予防に関する政府の緊急事態宣言とそれに伴う営業自粛要請を受け、3月28・29日、4月4日~5月31日は休席(休館)となった。長期休館により収益に打撃は受けたが、従業員の解雇は免れている[6]

6月1日から感染防止の対策を講じ、定員を限定した上で興行を再開している。また、興行によっては昼夜入替制をとっている。

2021年(令和3年)1月7日に一都三県へ発令された緊急事態宣言を受け、引き続き客席数を50%に制限の上、第三部の出演者の一人当たりの出演時間を短縮することで終演時間を21:00から20:00に繰り上げて公演を継続していたが、同月20日に落語協会の関係者に複数人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたことを受けて、落語協会が受け持つ21日から30日および31日昼の部の一月下席を休席(休業)。31日夜の余一会「昭和元禄落語心中寄席」から興行を再開した[7]

2021年3月21日の三月下席からは、緊急事態宣言の解除を受け、昼夜入替なしで座席数は半分以下のまま、終演時間が21:00となった。その後、再度の緊急事態宣言により終演時間が再び20:00となる。

2021年8月3日、落語芸術協会興行夜の部に出演のお囃子1名が発熱、4日に陽性と判明。5日夜の部を休席として、6日から公演を再開した。

2022年1月19日、落語芸術協会会長で同協会正月二之席の昼の部主任であった春風亭昇太の新型コロナウイルス陽性が判明(昇太は18・19日と休演)し、同日夜の部および翌20日の昼夜興行を中止して館内の消毒作業を行う[8]

2022年8月中席に出演中であった立花家橘之助が16日[9]柳家三三が17日に[10]三遊亭圓歌(4代目)が19日に[11]それぞれ新型コロナウイルス陽性であることが判明したが、楽屋内で濃厚接触者にあたる者はいないと判断。場内関連箇所を消毒の後、興行は通常どおり行った。

YouTube「浅草演芸ホールチャンネル」編集

2021年4月25日に発出された3回目の緊急事態宣言の際、演芸ホールは、ホームページ上で東京都からの無観客開催の要請の文章に「社会生活の維持に必要なものを除く」とあると指摘。その上で「大衆娯楽である寄席は『必要なもの』に該当すると判断した」として感染防止策を続けた上で引き続きの営業を決めていたが[12]、28日、改めての都の要請を受け5月1日から11日まで休業を決めた[13]

そこで5月1日より鈴本演芸場の協力のもと、急きょYouTubeチャンネルを立ち上げ、落語協会5月上席の公演を5月16日まで緊急無料生配信、芸人応援チケットを鈴本演芸場チケットでオンライン販売した。

2021年5月上席 浅草演芸ホールチャンネル番組 
公演・生配信日 主任 備考
5月5日昼 林家木久扇 開演前に五明楼玉の輔春風亭三朝のトーク有
5月5日夜 柳家喬太郎 開演前に桂三木助(5代目)・柳家小んぶのトーク有

番組編集

毎月10日ごとに出演者・演目が入れ替えられている。

  • 上席(かみせき)1日~10日
  • 中席(なかせき)11日~20日
  • 下席(しもせき)21日~30日

出演者は以下のとおり。

  • 奇数月上席(かみせき)1日~10日 - 落語協会
  • 奇数月中席(なかせき)11日~20日 - 落語芸術協会
  • 奇数月下席(しもせき)21日~30日 - 落語協会
  • 偶数月上席(かみせき)1日~10日 - 落語芸術協会
  • 偶数月中席(なかせき)11日~20日 - 落語協会
  • 偶数月下席(しもせき)21日~30日 - 落語芸術協会

設立時は初席のみ日本芸術協会だったが、落語協会(6代目三遊亭圓生会長)により奪取され、1967年(昭和42年)に上記のルールがそのまま適用されるようになった。つまり、落語協会が初席をとる。加えてゴールデンウィーク(5月上席)も落語協会の芝居となる。

同じ協会がまる一日を担当するが昼の部と夜の部では出演者が異なる。なお、これは東京の寄席では通常のことである。

落語芸術協会のみ、10日間を5日ずつに分けてそれぞれ別個の番組を編成している(いわゆる5日興行制)。

  • 昼の部:11:40~16:30
  • 夜の部:16:40~21:00

基本的に昼夜入れ替え制はとっていないため、通しで見ることも可能(ただし、混雑が予想される場合は入れ替え制が取られる)。

毎月31日は余一会と呼ばれる特別興行が行われている(後述)。定席寄席の中では年末も休まず、27日まで定席興行を打った後、28日から31日までは「年末特別番組」が編成される。

初席編集

正月は浅草周辺は観光客で混雑する。2008年(平成20年)初詣では浅草寺に221万人が足を運んだ。その大量の客が参拝の後に当ホールに立ち寄るので、立錐の余地もないほどごった返す。もちろん初席なので顔付けがいいことはいうまでもない。ただし一人当たりの持ち時間が通常の定席興行と比較し、極端に短いためネタをやらずに小噺雑談で高座を降りる噺家も多い。上述のとおり落語協会のスター落語家が勢ぞろいする。番組は四部制が取られ、令和四年(2022年)初席の主任(トリ)は一部:林家木久扇、二部:春風亭小朝、三部:九代目林家正蔵、四部:柳家さん喬となっている。

加えて、初席の5日間は姉妹間の「浅草東洋館」でも落語協会の定席となる(東洋館は三部制)。初席のみ客は一枚のチケットでどちらにも行けるが、混雑のため移動は厳しいといえる。

七月上席編集

昼の部の大喜利として、落語協会メンバーによる「茶番」(鹿芝居)が恒例となっている。主任は金原亭馬生が務める。

七月中席編集

昼の部の大喜利として、落語芸術協会メンバーによるハワイアンバンド「アロハマンダラーズ」の演奏がある。以前は新宿末廣亭8月中席の昼の部に開催されていたが、2018年からは浅草演芸ホールに移った。

八月上席編集

昼の部で、2006年以降、落語芸術協会メンバーによるデキシーバンドにゅうおいらんず」の演奏が大喜利として行われている。夏休みの時期でもあり、三遊亭小遊三春風亭昇太などの人気者が楽器を演奏するところを楽しめるので、人気公演となっている。

八月中席編集

毎年昼の部は「納涼住吉踊り」が大喜利として行われる。協会を問わない顔付けをしていた東宝名人会のヒット企画であり、3代目古今亭志ん朝8代目雷門助六を踊りの師として始めたものであった。東宝名人会の終了後に当ホールが受け継いだ。上記の通りこれは落語協会の芝居だが、(東宝名人会では協会を問わず出演していたことから)落語芸術協会所属の落語家が多数顔付けされる、定席で唯一の混成ラインナップともいうべき特別な芝居となっている。志ん朝亡き後、かつて東宝名人会所属だった4代目三遊亭金馬が中心となり芝居を受け継いだ。その後金馬が高齢のため座長を勇退した後、座長は金原亭駒三( - 2018年)、古今亭志ん彌(2019年 - )へと受け継がれている。

八月下席編集

2003年より、夜の部の興行は「禁演落語の会」と銘打ち、落語芸術協会が演芸評論家(青山忠一長井好弘・中村真規・今野徹石井徹也和田尚久ほか)の解説をつけて禁演落語を口演している[14]

余一会等編集

一年のうち3・5・7・8・10月の31日(1月を除く)は「余一会」として特別興行が組まれ、以下の内容が恒例となっている。

5月編集

「ファミリー寄席」として、桂歌春とその娘である田代沙織を中心とした番組が組まれる(ただし、主任(トリ)ではなく歌春は膝前(2022年は主任)、田代は食い付きを担当することが多い)。演者は落語芸術協会主体になるが、芸協所属外の演者も顔付けされ、田代が所属する生島企画室の会長である生島ヒロシやその息子の俳優である生島勇輝も出演する(ヒロシは漫談または他の演者と組んで漫才(2022年はせんだみつおと組んでいる[15])、勇輝は落語を披露する)。

7月編集

「三遊落語まつり」として、現在は落語協会(三遊亭圓窓圓丈一門)・五代目円楽一門会五代目三遊亭圓楽一門)と分かれた六代目三遊亭圓生一門が、団体の垣根を越えて出演する一門会となっている。現在では圓生一門の直弟子はすべて故人となった[16]ため、代わって孫弟子以降の一門が出演している。円楽一門会は基本的に定席に出演することはないため、落語協会所属の一門とともに合同で真打昇進披露口上が行われることがある。

8月編集

1982年より、初代林家三平追善興行を毎年開催しており、初代三平一門とその孫(曾孫)弟子が昼夜にわたって総出演する。主任は初代三平の実子である九代目林家正蔵、二代目林家三平がそれぞれ務める。かつての初代三平一門の惣領弟子であった林家こん平(2020年12月死去)は、病身になってからも2018年まで「ご挨拶」という形で出演していた。

10月編集

2011年から、10月余一会昼の部は古今亭志ん輔の企画による若手芸人バトルが開催されている。タイトル・参加資格などは年によって変更されている。優勝は審査員と当日の観客(必ずしもコンテストに参加することを目的とした客だけではない)の審査によって決定する。また、優勝者への副賞が協賛社の味噌・焼酎・反物などバラエティに富んでいるのも特徴のひとつである。

タイトル 出場者(優勝者は太字) 備考
2011年 読売杯争奪!超党派 二ツ目バトル 春風亭朝也
2012年 読売杯争奪!超党派激突!二ツ目バトル 桂宮治三遊亭きつつき三遊亭金兵衛金原亭馬治立川こはる柳亭こみち
2013年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル 三笑亭夢吉立川志の春鈴々舎馬るこ桂夏丸三遊亭時松三遊亭橘也
2014年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル 三遊亭粋歌神田きらり春風亭一蔵柳家小太郎春雨や雷太柳亭小痴楽
2015年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル 古今亭駒次、桂夏丸、柳家わさび瀧川鯉八三遊亭好の助神田松之丞立川笑二
2016年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル 柳家ろべえ春風亭正太郎三遊亭楽大入船亭小辰春風亭吉好立川寸志桂竹千代
2017年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル 春風亭一蔵、柳亭市弥雷門音助三遊亭わん丈春風亭昇也春風亭柳若立川笑二
2018年 かめちゃぶバラエティ あの浅草のころ 三遊亭わん丈、古今亭駒治、玉川太福、春風亭三朝、坂本頼光、桂宮治
2019年 かめちゃぶバラエティ あの浅草のころ 立川吉笑、橘家文吾三遊亭青森玉川太福国本はる乃岡大介
2020年 かめちゃぶバラエティ あの浅草のころ 春風亭一花林家扇林家つる子、国本はる乃、東家孝太郎真山隼人
2021年 僕らはみんな生きている 柳家小八台所おさん柳家さん助金原亭馬治

12月編集

余一会と銘打ってはいないが「年末特別興行」として、28日は「年忘れ二つ目の会」(落語協会主催)、29日は「圓菊一門会」、30日には漫才協会主催の「漫才大会」[17]、31日には「落語釣り落とし会」が開催される。

料金編集

  • 一般:3,000円
  • 学生:2,500円(中学生以上)
  • 小人:1,500円(4歳以上)

(いずれも、2019年10月現在)

アクセス編集

テレビ中継地として編集

  • みのもんた司会、5代目鈴々舎馬風(落語協会前会長)がハリセン大魔王に扮したテレビ番組『生放送!お笑い名人会』『生放送!おもしろ寄席』(テレビ東京系列火曜夜8時枠)が生中継された。テレビ番組であるので、協会の別なく出演した。例えば、落語立川流の噺家、トニー谷や大阪吉本興業の漫才師も普通に舞台に上がった(番組収録という機会でなければ考えられないことである)。
  • TBSテレビの金曜ドラマ『タイガー&ドラゴン』に登場する寄席で、出入り口がロケ地として劇中に多数登場した(ただし、場内は新宿末廣亭を模して造られたセットであった)。
  • 2004年4月より、このホールによる「落語協会」「落語芸術協会」の定席興行の模様を収録した番組『浅草お茶の間寄席』が、千葉テレビ放送制作で毎週放送されている(新春特番も編成されているが、2019年以降の新春特番は浅草演芸ホールでの定席興行ではなく、千葉テレビ放送本社で新録したものを放送)。
  • 2011年より、毎年1月2日にこのホールにてテレビ東京の年始特番『新春!お笑い名人寄席』の収録が行われている(収録は午前中に行われ、同日昼に撮って出し形式で放送)。
  • MBSテレビプレバト‼」の水彩画バトルに出場した土屋伸之ナイツ)と瀧川鯉斗が絵のテーマに浅草演芸ホールを選んでいる。なお、絵は共に後日演芸ホールに寄贈され、場内に展示された[18][19]
  • 2022年7月15日、NHKのドキュメント72時間で「浅草・演芸場 人生は笑いとともに」というタイトルで、観客、演者、舞台裏などが取材、放映された。取材対象となったのは落語芸術協会真打昇進披露(春風亭昇也春風亭柳雀)の時[20]

定紋編集

その他編集

  • 通常寄席のオーナーは「席亭」(せきてい)と呼称するが、浅草演芸ホールだけは設立の経緯もあり「社長」と呼ばれる。創立者・松倉宇七の後を継いだ子の松倉久幸が長く社長を務めた。現在久幸は会長職に退き、社長は久幸の子の松倉由幸が継いでいる。
  • 一般に「浅草演芸場」と表記されることが多いが、この場合の「浅草演芸場」は浅草演芸ホールのことを誤表記している場合と、木馬館木馬亭浅草松竹演芸場の事を意味して表記している場合がある。
  • 5代目桂三木助が2020年7月24日、ツイッターに演芸ホールの看板猫「ジロリ」が窓口でチケットを出す姿の写真を「浅草演芸ホールは運が良いとジロリさんが受付でチケットくれます」というコメントつきでアップしたところ[22]、7月末までに国内外でリツイート6万4000件、いいね!が25万件という反響を呼び、三木助はジロリと共に演芸ホールで取材を受けた[23]

浅草演芸ホールで初高座を踏んだ落語家編集

書籍編集

  • 松倉久幸 『浅草で、渥美清、由利徹、三波伸介、伊東四朗、東八郎、萩本欽一、ビートたけし…が歌った、踊った、喋った、泣いた、笑われた。』ゴマブックス、2002年。ISBN 9784901465205  - 東洋興業社長の著書、渥美清由利徹三波伸介伊東四朗東八郎萩本欽一ビートたけしを通じて語る当劇場の歴史
  • 井上ひさし 『浅草フランス座の時間』文春ネスコ : 文藝春秋、2001年。ISBN 9784890361236  - フランス座・元座付き作者によるフランス座の歴史
  • 浅草演芸ホール(監修) 『浅草演芸ホールの看板猫ジロリの落語入門』河出書房新社、2017年10月。ISBN 978-4309278902  - 2016年8月、チケット売り場の看板猫 兼 場内の安全係(閉館時のネズミ取り)としてやってきたジロリ君。猫のいる寄席の日々とともに、若手芸人の紹介と寄席案内をしている一冊。
  • 松倉久幸 『起きたことは笑うしかない!』〈朝日新書〉2019年8月。ISBN 9784022950352 

脚注編集

  1. ^ 一例として「柳」の文字が異体字「桺」(Unicode:U+687A)が使用されていたり、「馬」の「れんが」(下部の点の部分)が一本の右上がりの横線で表していたりと特徴があった。参考ツイートの写真藤井宗哲『寄席』(保育社カラーブックス)の記述を参照。
  2. ^ 桂米福 (2017年3月16日). “浅草演芸ホールの楽屋口”. 桂米福といっしょに笑わんまいけ~. goo blog. 2022年7月20日閲覧。 “写真「楽屋口」”
  3. ^ 「MEIJI TAISHO 1868 - 1926:SHOWCASE」サイト内の記事「浅草公園第六区 日本パノラマ館を望む」の記述を参照。
  4. ^ a b 浅草「東洋館」公式サイト内の記事「成り立ちとその歴史」の記述を参照。
  5. ^ a b 浅草演芸ホール公式サイト内の記事「成り立ちとその歴史」の記述を参照。
  6. ^ ANNnewsCH (2022年9月10日). “【いつになったら前座になれるのかな】寄席の灯を消すな ~師匠と弟子の人情噺~ 1年密着 コロナに前座を奪われた弟子と師匠の奮闘記録(2022年9月10日)”. youtube. 2022年9月14日閲覧。
  7. ^ 出演者の新型コロナウイルス感染について(第2報) - 一般社団法人 落語協会 2021年1月20日
  8. ^ 春風亭昇太、新型コロナ感染「お仕事先に申し訳ない気持ちでいっぱい」笑点は30日放送分まで収録済み - スポーツ報知 2022年1月19日
  9. ^ 新型コロナウイルス感染について”. 落語協会 (2022年8月16日). 2022年8月19日閲覧。
  10. ^ 新型コロナウイルス感染について”. 落語協会 (2022年8月18日). 2022年8月19日閲覧。
  11. ^ 新型コロナウイルス感染について”. 落語協会 (2022年8月20日). 2022年8月20日閲覧。
  12. ^ 井上秀樹; 佐藤美鈴 (2021年4月24日). “寄席、無観客応じない決断 「社会生活に必要なもの」”. 朝日新聞デジタル. 2021年5月15日閲覧。
  13. ^ “浅草演芸ホール、末広亭など都内寄席5月1日から11日まで休業 都の要請”. 日刊スポーツ. (2021年5月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202104280000653.html 
  14. ^ 長井好弘 (2020年9月4日). “ひねりや、にせ金、磯の鮑――「禁演落語」の夏が終わる”. 読売新聞オンライン. 長井好弘's eye. 読売新聞. 2020年9月15日閲覧。
  15. ^ せんだみつお&生島ヒロシが漫才コンビ結成! その名も、せんみつ&ヒロシ - サンスポ 2022年5月31日
  16. ^ 2022年に行われた「三遊落語まつり」では当初、この時点で生存者最後の直弟子となっていた圓窓が顔付けされていたが、結局休演となった(代演は鳳楽門下の三遊亭鳳月)。その後間もなく同年9月15日に圓窓が死去している。
  17. ^ 本来は浅草公会堂で実施されていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2020・2021年と浅草演芸ホールに場所を移して実施している。以前は「漫才大行進」という名称だった。
  18. ^ 浅草演芸ホール(@asakusa_engei) (2020年8月7日). “土屋伸之画伯(ナイツ)が寄贈して下さりました。”. twitter. 2022年6月20日閲覧。
  19. ^ 浅草演芸ホール(@asakusa_engei). “瀧川鯉斗師匠から、プレバトで描いた水彩画を寄贈していただきました”. twitter. 2022年6月18日閲覧。
  20. ^ 「浅草・演芸場 人生は笑いとともに」【NHK】「ドキュメント72時間」2022年7月15日付
  21. ^ 林家たい平 (2021年12月28日). “嬉しいです!”. 林家たい平オフィシャルブログ「そら色チューブ」. ameba blog. 2021年12月28日閲覧。
  22. ^ 桂 三木助(@MikioKatura) (2020年7月24日). “浅草演芸ホールは運が良いとジロリさんが受付でチケットくれます。”. twitter. 2020年10月15日閲覧。
  23. ^ 北村泰介 (2020年8月1日). “寄席の看板猫ジロリを直撃…窓口の接客担当&夜間はネズミ退治、桂三木助のツイートでバズった!”. まいどなニュース. 2020年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度42分48.6秒 東経139度47分34.9秒 / 北緯35.713500度 東経139.793028度 / 35.713500; 139.793028