メインメニューを開く

桂 阿か枝(かつら あかし、1971年6月2日 - )は、兵庫県明石市出身の落語家。本名は岸本 浩一

かつら
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}阿(あ)か.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}枝(し)
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
本名 岸本 浩一
生年月日 (1971-06-02) 1971年6月2日(48歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県明石市
師匠 5代目桂文枝
活動期間 1996年 -
活動内容 上方落語
所属 フリー
公式サイト ホームページ:桂阿か枝
受賞歴
2006年 第43回なにわ芸術祭「新進落語家競演会」奨励賞

2009年 第46回なにわ芸術祭「新進落語家競演会」新人賞

備考
上方落語協会会員

来歴・人物編集

明石市立人丸小学校明石市立大蔵中学校白陵高校岡山大学卒業後、1996年4月に桂文枝に入門。文枝の最後の弟子。高座名の由来は、明石市出身者であることから。師匠ゆずりの安定した語り口が身上。上方落語協会会員。 今では地元明石市などで小学生たちに落語勉強会などを開催している。

受賞歴編集

出典編集

関連項目編集