桓 石民(かん せきみん、生年不詳 - 389年[1])は、東晋軍人譙国竜亢県の人。東晋の征西大将軍桓豁の子。主に荊州方面で前秦と戦い、淝水の戦い後、東晋の飛躍に貢献した。

生涯編集

東晋に仕え、衛将軍謝安の参軍に任じられていた。

太元6年(381年)11月、前秦の荊州刺史都貴・司馬閻振・中兵参軍呉仲が2万の兵を率いて竟陵へ侵攻した。車騎将軍桓沖は桓石民・南平郡太守桓石虔・竟陵郡太守郭銓らに水陸2万の兵を率いて迎撃させた。

太元8年(383年)5月、竟陵郡太守趙統が襄陽攻略に向かった。振威将軍に任じられていた桓石民は援軍として後続となった。

6月、桓石民・前将軍劉波・冠軍将軍桓石虔らとともに筑陽を攻略した。武当を攻めて、前秦の兗州刺史張崇を破った。

7月、随郡太守夏侯澄とともに前秦の冠軍将軍慕容垂・姜成らを漳水で破った。桓沖の上疏により、振武将軍・都督荊江豫三州之十郡諸軍事・襄城郡太守に任じられ、夏口を守った。

11月、夏侯澄とともに、漳口で前秦の平南将軍慕容暐・姜成等を破り、姜成を討ち取った。

太元9年(384年)2月、桓沖が亡くなり、詔により譙国内史・梁郡太守に任じられていた桓石民は、荊州刺史に任じられた。

7月、魯陽に拠り、河南郡太守高茂を遣わして洛陽の北を守らせた。

太元11年(386年)6月、将軍晏謙を遣わして弘農を攻略した[2]

10月、前秦皇帝苻丕が洛陽侵攻を目論んでいた。桓石民は揚威将軍馮該を遣わして迎撃させた。苻丕・左僕射王孚・吏部尚書苟操[3]らを討ち取り、皇太子苻寧・長楽王苻寿を捕らえ、首級とともに建康へ送った。

丁零族の族長翟遼が山陵へ侵攻した。桓石民は河南郡太守馮遵を遣わして撃退した。

乞活の黄淮は并州刺史を自称、数千の兵を集め、翟遼とともに長社を攻めた。桓石民は南平郡太守郭銓・松滋郡太守王遐之を遣わして黄淮を撃ち、黄淮を討ち取り、翟遼は河北に逃走した。

それまでの功により、左将軍に任じられた。

太元14年(389年)、亡くなった。子はいなかった。

人物・逸話編集

  • 若い頃から、才覚の高さで名を知られていた[4]
  • 桓氏は長年荊州刺史の地位にあり、桓石民は才望を兼ね備えていたため、荊州の人々は彼を仰ぐように尊崇した[4]

家系編集

編集

兄弟編集

編集

  • 謝道輝(謝玄の姉妹)

脚注編集

  1. ^ 『東晋方鎮年表』では、太元14年(389年)に亡くなったと記されている。
  2. ^ 『十六国春秋』巻38 苻堅下では、383年11月と記されている。
  3. ^ 『十六国春秋』巻39 苻丕では、王孚・苟操は捕らえられたと記されている。
  4. ^ a b 『晋書』巻74 桓石民

参考文献編集