桓 石康(かん せきこう、生年不詳 - 404年)は、東晋末期の軍人譙国竜亢県の人。東晋の征西大将軍桓豁の子[1]。東晋・桓楚に仕え、最期は皇帝桓玄とともに殺害された。

生涯編集

東晋に仕え、振威将軍に任じられていた。

403年8月、荊州刺史桓偉が亡くなり、南郡相に任じられていた桓石康は、西中郎将・荊州刺史に任じられた。

9月、殷仲堪一派で新野の人・庾仄が挙兵、雍州刺史馮該が守る襄陽を攻めた。馮該は逃走、庾仄は7千の兵を持ち、丞相桓玄を討つと宣言した。桓石康は荊州に至り、南蛮校尉羊僧寿とともに兵を率いて襄陽を攻めた。庾仄は敗れ、後秦へ逃走した。

12月、桓楚が建国されると、右将軍に任じられ、武陵王に封じられた。

404年4月、皇帝桓玄が江陵へ逃れると、桓石康はこれを迎え入れた。城の南に幔屋を張り、百官を置いた。

5月、桓玄とともに漢中方面へ逃亡するが、益州督護馮遷に殺害された。

家系編集

編集

兄弟編集

脚注編集

  1. ^ 『晋書』巻99 桓玄では、桓豁の次子と記されている。

参考文献編集