メインメニューを開く

桜井 徳太郎(さくらい とくたろう、1897年6月21日 - 1980年12月28日)は、日本陸軍軍人僧侶。最終階級は陸軍少将法名、全覚。

桜井 徳太郎
生誕 1897年6月21日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1980-12-28) 1980年12月28日(83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1918 - 1945
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

福岡藩士・小学校長、桜井英一の長男として福岡市に生まれる。中学修猷館熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1918年5月、陸軍士官学校(30期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第36連隊付となる。1925年11月、陸軍大学校(37期)を卒業した。

陸軍戸山学校教官、北京陸大教官(中国政府招聘)、第10師団参謀、混成第8旅団参謀、歩兵第24連隊第3大隊長、陸軍歩兵学校教官、兼第1師団参謀、支那駐屯軍司令部付、第1軍参謀、陸大教官などを歴任し、1938年7月に陸軍中野学校が開校すると教官となり、支那事情を講義した[1]1939年8月、陸軍大佐に昇進。冀察政務委員会の第29軍軍事顧問であった。支那派遣軍司令部付、第34師団参謀長、陸軍憲兵学校陸軍軍医学校教官、歩兵第65連隊長などを経て、1943年8月、陸軍少将に進級した。

以後、第55歩兵団長、ビルマ方面軍司令部付(ビルマ国民軍顧問)などを務め、1945年4月に帰国。第212師団長として本土決戦に備える中で終戦を迎え、1945年12月に復員。

1948年4月、誠和連盟を設立。1961年12月、三無事件に関与したとして逮捕されるが不起訴処分となった。1966年6月、大覚寺得度を受け瑠璃光寺住職となる。

著書編集

  • 『新東亜建設の大道』玄海書房、1938年。
  • 『広安門』刀江書院、1939年。
  • 『世界不戦論』誠和連盟、1964年。

脚注編集

  1. ^ 『陸軍中野学校』中野校友会編 1978年 36頁

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 大津健一『元死刑囚 大津健一自伝 絞首への道【純情編】』徳間書店、1983年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。