メインメニューを開く

梅村又次(うめむら またじ、1921年4月18日 - 2006年12月29日)は、日本の経済学者

栃木県出身。1945年九州帝国大学農学部卒、1961年「賃金・雇用・農業」で九州大学農学博士。1948年経済安定本部物価局勤務、1949年労働省労働統計調査部、1951年一橋大学経済研究所助教授となり、教授。1974年所長。1985年定年退官し、名誉教授、創価大学経済学部教授。1998年退職。1964年『戦後日本の労働力』で第5回エコノミスト賞受賞。1971年『労働力の構造と雇用問題』で日経・経済図書文化賞受賞。1989年『長期経済統計』で日経・経済図書文化賞特賞受賞。1997年勲三等旭日中綬章受章[1][2]。指導学生に大塚勝夫[3]など。

目次

著書編集

  • 『賃金・雇用・農業』大明堂 1961
  • 『戦後日本の労働力 測定と変動』岩波書店 一橋大学経済研究叢書 1964
  • 『労働力の構造と雇用問題』岩波書店 一橋大学経済研究叢書 1971

共編編集

翻訳編集

  • J.ロビンソン『利子率その他諸研究 ケインズ理論の一般化』大川一司共訳 東洋経済新報社 1955

論文編集

脚注編集