メインメニューを開く

梶原 龍児(かじわら りゅうじ、1976年12月9日 - )は、日本の元男性キックボクサープロボクサーミュージシャン東京都出身。第2代WFCAタイボクシング世界ライト級王者。初代Krush -63kg王者。

梶原 龍児
基本情報
本名 梶原 隆治
通称 歌舞伎龍
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-12-09) 1976年12月9日(42歳)
出身地 東京都
身長 176cm
体重 64kg
スタイル ボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 25
KO勝ち 6
敗け 13
引き分け 1
テンプレートを表示

本名(およびプロボクサー時代のリングネーム)の梶原 隆治(かじわら りゅうじ)で音楽活動を行っている。キックボクサー梶原洋樹は双子の兄。

来歴編集

1994年駿台学園高等学校ボクシング東京都代表としてわかしゃち国体出場。高校卒業後は白井・具志堅スポーツジムに所属し、プロデビュー。赤井英和主演の映画『どついたるねん』に憧れ、芸能界デビューするために格闘家として有名になることが目標であった。

プロボクシング戦績14勝5敗3分でボクシングを引退してキックボクシングに転向。

2003年チームドラゴンに所属。

2005年5月3日、第16回全日本新空手道選手権大会 K-2トーナメント軽中量級で優勝を果たした[1]

2005年6月12日、J-NETWORKライト級新人王決定トーナメントで優勝を果たした。

2006年5月17日、J-NETWORKライト級王者決定戦で小宮由紀博と対戦し、判定勝ち。J-NETWORKライト級王座を獲得した。

2007年4月15日、全日本キックボクシング連盟に初参戦。石川直生と対戦し、引き分け。

2007年6月3日、J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 1」で西山誠人WFCAタイボクシング世界ライト級タイトルマッチで対戦し、判定勝ち。第2代WFCAタイボクシング世界ライト級王者になった。

2007年6月、WFCA世界ライト級王座を獲得したことを理由にJ-NETWORKライト級王座を返上。

2007年8月25日、全日本キックボクシング連盟で開催されたKick Returnトーナメント1回戦で前田尚紀と対戦。ダウンを奪い合う激闘となったが、5ラウンドに左ミドルキックでKO負け。

2007年11月、プロデュースした格闘技フィットネスジム「Ret's Fitness GYM」を東京都杉並区にオープン。

2007年12月22日、チームドラゴン主催興行「燃えろドラゴン!その壱」でライブパフォーマンスを披露した。

2008年2月24日、K-1初参戦となったK-1 ASIA MAX 2008 IN SEOULで元WBC世界フェザー級王者チ・インジンと対戦し、判定負け。

2008年3月3日、初のワンマンライブ「Stand up and push on!」をShibuya eggmanで開催した。

2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL大月晴明と対戦し、判定負け。

2008年11月4日、ファースト・アルバム「FIGHT THE POWER 〜First Punch〜」を発売し、同日に発売記念LIVE「愛と友情と平和を叫ぶ」をShibuya eggmanで開催した。

2008年12月23日、TOUITSU ライト級(62kg級)初代王者決定トーナメントに出場。1回戦でJ-NETWORKライト級王者黒田アキヒロと対戦し、0-2の判定負けを喫した[2]

2009年3月14日、K-1ルールの大会「Krush.2」で山本元気と対戦し、判定負けを喫した。

2009年7月24日、Krushライト級グランプリに出場。1回戦でソルデティグレ・ヨースケにTKO勝ちするも、準々決勝で"狂拳"竹内裕二に0-3の判定負けを喫した。

2010年4月29日、Krush.6で遠藤大翼と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年8月14日、Krush.9で石川直生と対戦。3Rにダウンを奪い、3-0の判定勝ちを収めた[3]

2011年1月9日、Krush初代王座決定トーナメント 〜Round.2〜で、TaCaと対戦。3-0の判定勝ちを収めた。

2011年4月30日、Krush初代王座決定トーナメント 〜Triple Final Round〜準決勝で、才賀紀左衛門と対戦、3-0の判定勝ちを収めた。決勝戦で卜部功也と対戦、2-0の判定勝ちを収め初代Krush -63kg王座を獲得した。

2011年6月25日、K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL1回戦で、K-1甲子園2009王者野杁正明と対戦し、延長の末1-2の判定負けを喫した[4]

2011年12月9日、Krush14でK-1 -63kg 2010 Japan Tournament優勝者の大和哲也と対戦し、3-0の判定勝ちでKrush -63kg王座の初防衛に成功。[5]

2012年8月12日、Krush.21でトーマス・アダマンドポウロスと対戦し、左ハイキックでTKO負けを喫し、Krush -63kg王座の2度目の防衛に失敗した。

2013年5月12日、Krush.28で木村ミノルと対戦し、左フックでKO負け。

2013年12月14日、引退試合としてKrush.35で卜部弘嵩と対戦し、判定勝ち。

戦績編集

プロキックボクシング編集

キックボクシング 戦績
39 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
25 6 19 0 1 0
13 3 10 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
卜部弘嵩 3R終了 判定3-0 Krush.35 2013年12月14日
寺崎直樹 3R終了 判定3-0 Krush.33 2013年9月21日
× 木村ミノル 3R 1:50 KO(左フック) Krush.28 2013年5月12日
× 小宮由紀博 延長R終了 判定0-3 Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【1回戦】
2013年3月10日
一輝 3R終了 判定3-0 Krush.25 ~TEAM DRAGON 10th Anniversary~ 2012年12月14日
× トーマス・アダマンドポウロス 2R 1:42 TKO(左ハイキック) Krush.21
【Krush-63kg級タイトルマッチ】
2012年8月12日
HIROYA 3R終了 判定3-0 Krush.18 2012年5月3日
大和哲也 3R終了 判定3-0 Krush.14
【Krush-63kg級タイトルマッチ】
2011年12月9日
リュウ・ウェイ 3R終了 判定3-0 Krush.12 2011年9月24日
× 野杁正明 延長R終了 判定1-2 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【1回戦】
2011年6月25日
卜部功也 3R終了 判定2-0 Krush初代王座決定トーナメント 〜Triple Final Round〜
【Krush-63kg初代王座決定トーナメント 決勝】
2011年4月30日
才賀紀左衛門 3R終了 判定3-0 Krush初代王座決定トーナメント 〜Triple Final Round〜〜
【Krush-63kg初代王座決定トーナメント 準決勝】
2011年4月30日
TaCa 3R終了 判定3-0 Krush初代王座決定トーナメント 〜Round.2〜
【Krush-63kg初代王座決定トーナメント 1回戦】
2011年1月9日
石川直生 3R終了 判定3-0 Krush.9 2010年8月14日
遠藤大翼 3R終了 判定3-0 Krush.6 2010年4月29日
寒川慶一 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【オープニングファイト】
2009年12月5日
× "狂拳"竹内裕二 3R終了 判定0-3 Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.1〜【準々決勝】 2009年7月24日
ソルデティグレ・ヨースケ 2R 1:00 TKO(ドクターストップ:左目尻カット) Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.1〜【1回戦】 2009年7月24日
× 山本元気 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「Krush.2」 2009年3月14日
× 黒田アキヒロ 3R終了 判定0-2 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU 62kg級初代王者決定トーナメント 1回戦】
2008年12月23日
× 大月晴明 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL 2008年10月1日
キム・ギョングワン 3R 2:47 KO(3ノックダウン:跳び膝蹴り) J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 2」 2008年8月31日
× 吉本光志 3R終了 判定0-2 全日本キックボクシング連盟
「CUB☆KIX 〜全日本キックvsチームドラゴン・10vs10 全面対抗戦〜」
2008年5月31日
× チ・インジン 3R終了 判定0-3 K-1 ASIA MAX 2008 IN SEOUL
【スーパーファイト】
2008年2月24日
ファイヤー原田 3R+延長R終了 判定2-1 全日本キックボクシング連盟
「浪漫」 Kick Return Kickboxer of the best 60 Tournament 〜決勝戦〜
【Kick Returnトーナメント リザーブファイト】
2007年10月25日
× 前田尚紀 5R 2:40 KO(左ミドルキック) 全日本キックボクシング連盟
「浪漫」 Kick Return Kickboxer of the best 60 Tournament 〜開幕戦〜
【Kick Returnトーナメント 1回戦】
2007年8月25日
西山誠人 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 1」
【WFCAタイボクシング世界ライト級タイトルマッチ】
2007年6月3日
石川直生 5R終了 判定1-0 全日本キックボクシング連盟「New Deal」 2007年4月15日
渡辺大介 3R 2:39 TKO(ドクターストップ:額のカット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「SURPRISING 8 〜MA日本キック連盟祭・オールタイトルマッチ〜」
2006年12月3日
KAWASAKI 3R 2:25 TKO(タオル投入) J-NETWORK「MACH GO! GO! '06 〜フライ級最強決定トーナメント1回戦〜」 2006年9月1日
小宮由紀博 5R終了 判定2-0 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 〜Invading the DRAGON〜」
【J-NETWORKライト級王者決定戦】
2006年5月17日
黒田アキヒロ 3R+延長R終了 判定3-0 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 〜Light my fire!〜」 2006年1月9日
× 壮泰 3R+延長R終了 判定0-3 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '05 〜SKY HIGH〜」 2005年9月21日
細野岳範 1R 2:04 KO J-NETWORK「J-FIGHT 5」
【ライト級新人王決定トーナメント 決勝】
2005年6月12日
岩切博史 2R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-FIGHT 5」
【ライト級新人王決定トーナメント 準決勝】
2005年6月12日
ファイヤー原田 3R+延長R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-FIGHT 3」
【ライト級新人王決定トーナメント 1回戦】
2005年4月10日
小野祥宏 1R 1:51 KO(3ノックダウン:右ストレート) J-NETWORK「J-FIGHT 3」 2005年2月13日
田村聡太 3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2004 Infinity-S Vol.3 2004年6月4日
× 藤井徹 3R終了 判定1-2 R.I.S.E. VI 2004年2月11日

プロボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 酒井俊光 8R 1:11 負傷判定 後楽園ホール 2003年10月23日
チョンゴン・ウォースラポン 5R 3:00 KO 後楽園ホール 2003年6月3日
× 木村章司 9R 2:15 TKO 後楽園ホール 2002年9月16日
ビルゴ・ワロウ 10R終了 判定 後楽園ホール 2002年5月20日
ヨードイ・トー・ジンダー 8R終了 判定 後楽園ホール 2001年10月23日
盛川友基 5R 1:08 負傷判定 後楽園ホール 2001年7月16日
Minato Mizoguchi 4R終了 判定 2001年5月13日
小川裕一 8R 1:22 TKO 後楽園ホール 2001年4月23日
マーロン・テラド 2R KO 後楽園ホール 2000年10月16日
井澤大輔 8R終了 判定 後楽園ホール 2000年7月17日
× 鳥海純 8R終了 判定0-2 後楽園ホール 2000年3月28日
× 栄村繁幸 6R終了 判定 後楽園ホール 1999年12月10日
Taku Yaegashi 4R終了 引き分け 1999年9月9日
Kosei Takazumi 6R終了 判定 後楽園ホール 1999年6月28日
栄村繁幸 6R終了 判定3-0 後楽園ホール 1999年3月15日
Matsunari Nakaishi 4R終了 判定 1998年10月2日
Masayuki Fujigake 4R終了 引き分け 1997年9月29日
Shingo Ohashi 4R終了 判定 1997年8月1日
Daisuke Nishiwaki 4R終了 引き分け 1997年6月20日
Angel Kuwabara 2R KO 1996年11月8日
× 木谷卓也 2R KO 後楽園ホール 1996年7月8日
Hisashi Matsui 4R終了 判定 1996年4月8日


獲得タイトル編集

  • J-NETWORKライト級新人王(2005年)
  • J-NETWORKライト級王座
  • 第2代WFCAタイボクシング世界ライト級王座
  • 初代Krush-63kg王座(防衛1度)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集