メインメニューを開く

森 可隆(もり よしたか)は、戦国時代武将織田信長に仕えた武将森可成の長男。森長可森成利(蘭丸)らの兄。

 
森可隆
Grave of Yoshiyuki and Yoshitaka Mori at Kajō-ji.jpg
森可行(左)・可隆(右)の墓
(岐阜県可児市可成寺)
時代 戦国時代
生誕 天文21年(1552年
死没 元亀元年4月25日1570年6月8日
別名 傅兵衛(通称)
墓所 岐阜県可児市可成寺
主君 織田信長
氏族 森氏
父母 父:森可成
母:えい(妙向尼、林通安の娘)
兄弟 可隆長可成利(蘭丸)、長隆長氏忠政、うめ(木下勝俊正室)、 碧松院(関共成正室)
テンプレートを表示

生涯編集

父は信長にしたがって一族とともに各地を転戦していたため、尾張の森氏の旧領の留守を守っていた。1570年(元亀元年)、父の可成は信長の命で朝倉方の籠もる越前敦賀手筒山城を攻めた際に可隆も同行した。初陣の可隆は城に一番乗りを果たし、同城は陥落したが、可隆は深入りをし過ぎたため反撃を受けて討死した。享年19。美濃金山・可成寺に供養墓がある。