メインメニューを開く

森田 素夫(もりた もとお、1911年10月24日 - 1961年11月17日)は、日本の小説家。1942年、「冬の神」で芥川賞にノミネートされた。群馬県北群馬郡伊香保町に生まれる。生家は旅館業

経歴編集

  • 早稲田大学文学部英文科を卒業
  • 1942年、「冬の神」で芥川賞にノミネート
  • 1955年、「暗い眼窩」で文学者賞

主な作品編集

  • 「女中の四季」
  • 「温泉夜話」
  • 「女中部屋」

外部リンク編集