メインメニューを開く

森 茂好(もり しげよし、1916年(大正5年)12月14日 - 1991年(平成3年)2月7日)は、ワキ方宝生流能楽師

宝生流十一世宗家宝生新の女婿で、宝生弥一は義兄弟。東京出身。重要無形文化財「能楽」保持者として各個認定(人間国宝)。子に森常好

その美声との美しさで、能楽界に名声を確立。1982年に「江口」で芸術選奨を受賞。国立能楽堂で能『胡蝶』に出演した翌日の1991年2月7日、睡眠中に急逝した。