宝生 弥一(ほうしょう やいち、1908年明治41年)7月2日 - 1985年昭和60年)3月11日)は、ワキ方下掛宝生流能楽師。元の名は光本弥一郎。

来歴 編集

愛媛県松山市のワキ方下掛宝生流能楽師・光本敬一の長男として生まれる[1]1918年に上京し、下掛宝生流家元宝生新に入門する[1]。翌年、「小鍛冶」の大臣役で初舞台を踏む[1]1923年関東大震災に遭い、松山に帰郷する[1]1931年法政大学専門部商業科を卒業する[1]1933年宝生新の次女と結婚する[1]。その後、宝生家に入籍し、宝生姓を名乗る[1]1944年、宝生新の死に伴い、宝生彰彦の家元後見となる[1]

1970年以降、芸術祭優秀賞[1]紫綬褒章[1]芸術選奨文部大臣賞[2]1980年には日本芸術院賞を受賞[3]1981年重要無形文化財保持者(人間国宝[1]1984年芸術院会員[1]。1985年、死去。墓所は東京日暮里の善性寺[1]

能楽のワキ方として戦後第一級と評される。宝生閑は長男[4]

DVD 編集

演能作品 編集

  • 能楽名演集1 「隅田川」観世流 梅若六郎、宝生弥一、NHKエンタープライズ
  • 能楽名演集3 能『俊寛』 能『猩々乱』/観世流 観世寿夫、宝生弥一、NHKエンタープライズ

仕舞・独吟 編集

  • 能楽名演集1「仕舞独吟一調舞囃子集」/独吟『實方(蘭曲)』宝生弥一、NHKエンタープライズ
  • 能楽名演集2「仕舞一調舞囃子集」/仕舞『羅生門』宝生弥一、NHKエンタープライズ

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 愛媛の偉人賢人の紹介 宝生弥一”. 愛媛県生涯学習センター. 2021年9月閲覧。
  2. ^ 芸術選奨 文化庁”. 文化庁. 2024年1月6日閲覧。
  3. ^ 『朝日新聞』1980年3月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  4. ^ 能狂言インタビュー 宝生 閑”. www.nohkyogen.jp. 2021年9月10日閲覧。

外部リンク 編集