メインメニューを開く

椎根 和(しいね やまと、1942年2月9日[1] - )は、福島県生まれの雑誌編集者、ライター。

経歴編集

早稲田大学卒業。『婦人生活』編集者から、平凡出版に途中入社し、『平凡パンチ』『anan』に携わる。退社後、講談社開発室を経て『日刊ゲンダイ』創刊スタッフ。再び退社し、1977年『POPEYE』定期刊行時に編集デスクとして参画、後にエディター・イン・チーフ。『Olive』創刊時に社員となり実質の編集長、以後『Hanako』『Comic アレ!』『relax』の創刊編集長を歴任。取締役就任後、1997年マガジンハウス退社[2]

著書編集

  • 平凡パンチの三島由紀夫 新潮社 2007、新潮文庫 2009。茉莉花社(完全版)2012
  • Popeye物語 : 1976~1981 新潮社 2008、新潮文庫 2010
  • オーラな人々 : 三島由紀夫、美輪明宏、植草甚一、寺山修司、ブルース・リー、テレサ・テン… 茉莉花社 2009。副題:あなたが愛したスーパースターといま、再び、ふたりっきりの時を
  • フクシマの王子さま 荒井良二・絵、芸術新聞社 2011。絵本
  • ウリンボー = URINBOW 荒井良二 絵、芸術新聞社 2013。絵本
  • 銀座Hanako物語 : バブルを駆けた雑誌の2000日 紀伊國屋書店 2014

脚注編集