メインメニューを開く

楽焼(らくやき)

  1. 日本の伝統的な陶器の一種。本項で詳述する。
  2. 素焼きの陶器に絵付けをする、素人の趣味のための手軽な焼き物。

黒楽茶碗

楽焼(らくやき)は、一般的に電動轆轤や足で蹴って回す蹴轆轤(けろくろ)を使用せず手とへらだけで成形する「手捏ね」(てづくね)と呼ばれる方法で成形した後、750℃ - 1,100℃で焼成した軟質施釉陶器である。また、楽茶碗などとも呼ばれる。 狭義には田中(樂)家の歴代当主が作製した作品やその手法を得た弥兵衛焼(後の玉水焼)、金沢大樋焼が含まれる。 広義には同様の手法を用いて作製した陶磁器全体を指す。

千利休らの嗜好を反映した、手捏ねによるわずかな歪みと厚みのある形状が特徴である。茶碗、茶器、水指、花入、香合、蓋置、建水などの茶道具、灰器、火入、香炉などの炭道具、向付などの懐石具として使用される。

目次

歴史編集

天正年間(16世紀後半)、職人だった長次郎千利休の指導により、聚楽第を建造する際に土中から掘り出された土(聚楽土)を使って焼いた「聚楽焼」(じゅらくやき)が始まりとされる。

田中常慶(樂家では二代目)の父、田中宗慶が豊臣秀吉より聚楽第からとったの銀印を賜り、これを用いるとともに家号にしたことから楽焼となった、との説が広く知られる。

楽家の楽焼を本窯、傍流の楽焼を脇窯(玉水焼・大樋焼・久楽焼など)という。

特徴編集

黒楽編集

初期の製法としては、素焼き後に加茂川黒石からつくられた釉をかけて陰干し、乾いたらまた釉薬をかけるといったことを十数回繰り返してから1000℃程度で焼成する。焼成中に釉薬が溶けたところを見計らって窯から引き出し急冷することで、黒く変色する。これは美濃焼と共通する手法である。

天正9年(1581年) - 同14年(1586年)頃に長次郎によって黒楽茶碗が焼かれたのが始まりである。

赤楽編集

赤土を素焼きし、透明の釉薬をかけて800℃程度で焼成する本阿弥光悦や、樂道入(ノンコウ)の作品などが有名である。利休のエピソードに秀吉は黒楽を嫌い赤楽を好んだとある(『神屋宗湛日記』)。

関連項目編集

参考文献編集

  • 佐々木達夫著『日本史小百科 29 陶磁』近藤出版社、1991年8月
  • 三井記念美術館編『赤と黒の芸術楽茶碗』三井記念美術館、2006年9月

外部リンク編集