樋口 広芳(ひぐち ひろよし、1948年2月26日 - )は、日本の鳥類学者、農学博士。米国ミシガン大学動物学博物館客員研究員、日本野鳥の会研究センター所長、東京大学大学院教授、日本鳥学会会長、The Society for Conservation Biology Asia Section Presidentなどを歴任。東京大学名誉教授、慶應義塾大学訪問教授。

樋口広芳
生誕 (1948-02-26) 1948年2月26日(72歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
研究分野 鳥類学生態学保全生物学
研究機関 慶應義塾大学自然科学研究教育センター
出身校 宇都宮大学(学部)、東京大学(大学院)
影響を
受けた人物
清棲幸保浦本昌紀 [1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

 

・エピソード

樋口が鳥類学者を志したのは高校時代で、当時宇都宮大学の教授であった清棲幸保の『日本鳥類大図鑑、I~III巻』(講談社)を図書館などでながめながら、「よし、絶対、鳥類学者になるぞ」と思い、「大学は迷わず(清棲幸保がいる)宇都宮大学」へと決意し進学した。 [2]

著書編集

  • 『鳥の生態と進化』(思索社 1978年)
  • 『鳥たちの生態学』(朝日新聞 1986年)
  • 『保全生物学』(編著1996年 東京大学出版会
  • 『飛べない鳥の謎』(平凡社 1996年)
  • 『湿地と生きる』(共著 岩波書店 1997年)
  • 『カラス、どこが悪い!?』(共著 2000年 小学館
  • 『鳥たちの旅』(2005年 日本放送出版協会
  • 『生態と環境』(共著 2007年 培風館
  • 『鳥の自然史 ―空間分布をめぐって』(共編著2009年北海道大学出版会
  • 『カラスの自然史 -系統から遊び行動まで』(共編著 2010年 北海道大学出版会
  • 『生命(いのち)にぎわう青い星ー生物の多様性と私たちのくらしー』(2010年 化学同人
  • 『赤い卵のひみつ』(2011年 小峰書店
  • 『鳥・人・自然ーいのちのにぎわいを求めてー』(2013年 [東京大学出版会])
  • 『The Journey of Birds-Satellite Tracking Bird Migration-』(2013, SELC)
  • 『日本のタカ学』(編著2013年、東京大学出版会)
  • 『日本の鳥の世界』(2014年、平凡社)
  • 『鳥ってすごい!』(2016年、山と渓谷社)
  • 『地球を旅する生き物たち』(監修2016年、PHP)

主訳書編集

  • 『猛獣はなぜ数が少ないか』(P.コリンヴォー著 早川書房 1982年)
  • 『野外鳥類学への招待』(T.グラップ著 思索社 1989年)
  • 『フィンチの嘴』(J.ワイナー著 早川書房 1995年)
  • 『地上を走る鳥のなかま』(R.ヒューム著、朝倉書店、2013年監訳)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「これまでの研究生活を振り返って」樋口広芳 http://ornithology.jp/katsudo/Letter/no34/OL34.html
  2. ^ 「これまでの研究生活を振り返って」樋口広芳http://ornithology.jp/katsudo/Letter/no34/OL34.html

外部リンク編集