メインメニューを開く

清棲 幸保(きよす ゆきやす、1901年明治34年〉2月28日 - 1975年昭和50年〉11月2日[1]は、日本鳥類学者学位理学博士京都大学)。戦前は華族で、爵位伯爵。旧姓は真田

清棲 幸保
生誕 1901年2月28日
日本の旗 日本東京府東京市麻布区
死没 (1975-11-02) 1975年11月2日(74歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 鳥類学
研究機関 徳川生物学研究所
農林省畜産局鳥獣調査室
京都帝国大学大学院
文部省資源科学研究所
宇都宮大学
出身校 東京帝国大学
博士課程
指導教員
川村多実二
プロジェクト:人物伝

目次

生涯編集

1901年明治34年)2月28日、旧松代藩主・真田幸民の末子(三男)として東京府東京市麻布区材木町(現在の東京都港区六本木)に生まれる。学習院初等科の頃から、昆虫採集や鳥の標本作成に興じる。学習院では成績優秀かつ容姿端麗で知られた。学習院高等科から東京帝国大学理学部動物学科に進む。在学中、伏見宮家出身で臣籍降下していた清棲家教の養子となり、1923年大正12年)に養父の死に伴って家督を相続し、同年8月10日に伯爵を襲爵した[1][2]1925年(大正14年)には伏見宮博恭王の第二王女・敦子女王と結婚。

大学卒業後、1927年昭和2年)まで徳川義親が設立した徳川生物学研究所に勤務。1932年(昭和7年)、農林省畜産局鳥獣調査室に農林省嘱託として奉職。併せて、京都帝国大学大学院川村多実二に師事し、鳥の生理学的研究を行う。1936年(昭和11年)に妻・敦子と死別。1942年(昭和17年)からは文部省資源科学研究所で極東地域の鳥の生態を研究。

1954年(昭和29年)、宇都宮大学講師。のち助教授、教授1964年(昭和39年)に退官。1956年(昭和31年)5月4日、博士論文「日本鳥類の生態に関する研究」により理学博士京都大学)を取得。1975年(昭和50年)11月2日老衰のため東京都目黒区の自宅で死去。74歳没。

代表的な著作に『日本鳥類大図鑑』全3巻(1952年講談社)。後妻との間の子である保之も鳥類学者であり、1974年(昭和49年)には共著として『渡り鳥』(保育社)を出版している。

栄典編集

家族編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 下村兼史共著『野鳥生態写真集』第1輯、芸艸堂、1940年。NDLJP:1687923 
  • 本田正次共著『原色高山植物』三省堂出版、1953年。NDLJP:1375198 
  • 清棲保之共著『渡り鳥』保育社〈カラー自然ガイド〉、1974年。全国書誌番号:69000814

脚注編集

  1. ^ a b 霞会館[1996: 529]
  2. ^ 『官報』第3310号、大正12年8月11日。
  3. ^ 『官報』第4134号「叙任及辞令」1926年6月5日。

参考文献編集

関連文献編集

  • 科学朝日「11 わが国山岳鳥類研究の草分け−清棲幸保」『殿様生物学の系譜』科学朝日、朝日新聞社、1991年、141-152頁。ISBN 4022595213
  • 山階, 芳麿「清棲幸保博士の思い出」『鳥:日本鳥学会誌』第25巻第99号、1976年6月、 8頁。電子ジャーナル収録外)
日本の爵位
先代:
清棲家教
伯爵
清棲家第2代
1823年 - 1947年
次代:
華族制度廃止