清棲 幸保(きよす ゆきやす、1901年明治34年〉2月28日 - 1975年昭和50年〉11月2日[1]は、日本鳥類学者東京帝国大学卒業。学位理学博士京都大学)。戦前は華族で、爵位伯爵宇都宮大学教授。伊達政宗の男系子孫である。旧姓・真田(真田伯爵家)。

清棲 幸保
生誕 1901年2月28日
日本の旗 日本東京府東京市麻布区
死没 (1975-11-02) 1975年11月2日(74歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 鳥類学
研究機関 徳川生物学研究所
農林省畜産局鳥獣調査室
京都帝国大学大学院
文部省資源科学研究所
宇都宮大学
出身校 東京帝国大学
博士課程
指導教員
川村多実二
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

清棲家は、旧皇族伏見宮家)から臣籍降下した華族。1代目当主が、伏見宮邦家親王の第15王子の清棲家教で、二代目当主が幸保である。

鳥類の渡り、繁殖、食性、日本アルプス、中国、朝鮮などの鳥の生態を研究、特に野鳥の写真を撮影、貴重な資料とした。日本における野鳥撮影の第一人者[2]

那須塩原市により、塩原温泉ビジターセンターに、清棲幸保博士を紹介する「清棲コーナー」が設けられている。[3]

生涯編集

1901年明治34年)2月28日真田伯爵家・旧松代藩主、真田幸民の三男として東京府東京市麻布区材木町(現在の東京都港区六本木)に生まれる。真田家の祖先には、真田幸村がいる。また幸民の実父は、伊予国宇和島藩8代藩主で、伊達伯爵家伊達宗城

学習院初等科の頃から、昆虫採集や鳥の標本作成に興じる。学習院では成績優秀かつ容姿端麗で知られた。学習院高等科から東京帝国大学理学部動物学科に進む。

在学中、伏見宮家出身で皇族から臣籍降下していた伯爵貴族院伯爵議員宮中顧問清棲家教の養子となり、1923年大正12年)に養父の死に伴って家督を相続し、同年8月10日に伯爵を襲爵した[1][4]

1925年(大正14年)には伏見宮博恭王の第二王女・敦子女王と結婚。敦子との間に二男二女をもうける。[5]

東京帝国大学卒業後、1927年昭和2年)まで徳川義親が設立した徳川生物学研究所に勤務。 1932年(昭和7年)、農林省畜産局鳥獣調査室に農林省嘱託として奉職。併せて、京都帝国大学大学院川村多実二に師事し、鳥の生理学的研究を行う。

1936年(昭和11年)に最初の妻・敦子と死別。

1942年(昭和17年)からは文部省資源科学研究所で極東地域の鳥の生態を研究。

1947年昭和22年)に清棲みつと結婚。[6]みつとの間に、理学博士で富山大学教授などを歴任した清棲保弘[7][8]や鳥類学者の清棲保之、など三男一女をもうける。

1954年(昭和29年)、宇都宮大学講師。のち助教授、教授1964年(昭和39年)に退官。

1956年(昭和31年)5月4日、博士論文「日本鳥類の生態に関する研究」により理学博士京都大学)を取得。

1975年(昭和50年)11月2日老衰のため東京都目黒区の自宅で死去。74歳没。喪主は妻みつ。

代表的な著作に『日本鳥類大図鑑』全3巻(1952年講談社)、「原色日本野鳥生態図鑑1 2」「野鳥の事典」「日本北アルプスの鳥」「花・鳥・虫・写真随筆」などがある。 みつとの間の子である保之も鳥類学者であり、1974年(昭和49年)には共著として『渡り鳥』(保育社)を出版している。[9]

功績編集

1937年(昭和7年)、上高地で、本州以南で初めてのコガモの繁殖を確認する。[10]


栄典編集

家族・親族編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 下村兼史共著『野鳥生態写真集』第1輯、芸艸堂、1940年。NDLJP:1687923 
  • 本田正次共著『原色高山植物』三省堂出版、1953年。NDLJP:1375198 
  • 清棲保之共著『渡り鳥』保育社〈カラー自然ガイド〉、1974年。全国書誌番号:69000814

エピソード編集

清棲幸保自身は美貌の伯爵の殿様学者として知られていたと没後日本テレビの番組で紹介され、死別した前妻の敦子は美貌の皇族令嬢として知られ、また後妻のみつも美貌で評判であったというエピソードが有名。

脚注編集

参考文献編集

関連文献編集

  • 科学朝日「11 わが国山岳鳥類研究の草分け−清棲幸保」『殿様生物学の系譜』科学朝日、朝日新聞社、1991年、141-152頁。ISBN 4022595213
  • 山階, 芳麿「清棲幸保博士の思い出」『鳥:日本鳥学会誌』第25巻第99号、1976年6月、 8頁。電子ジャーナル収録外)
日本の爵位
先代:
清棲家教
伯爵
清棲家第2代
1823年 - 1947年
次代:
華族制度廃止