清棲 幸保(きよす ゆきやす、1901年明治34年〉2月28日 - 1975年昭和50年〉11月2日[1]は、日本鳥類学者東京帝国大学卒業。学位理学博士京都大学)。戦前は華族で、爵位伯爵宇都宮大学教授。伊達政宗の男系子孫である。旧姓・真田(真田伯爵家)。

清棲 幸保
生誕 1901年2月28日
日本の旗 日本東京府東京市麻布区
死没 (1975-11-02) 1975年11月2日(74歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 鳥類学
研究機関 徳川生物学研究所
農林省畜産局鳥獣調査室
京都帝国大学大学院
文部省資源科学研究所
宇都宮大学
出身校 東京帝国大学
博士課程
指導教員
川村多実二
影響を
与えた人物
樋口広芳など
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

清棲家は、旧皇族伏見宮家)から臣籍降下した華族。1代目当主が、伏見宮邦家親王の第15王子の清棲家教で、二代目当主が幸保である。

幸保は、鳥類の渡り、繁殖、食性、日本アルプス、中国、朝鮮などの鳥の生態を研究、特に野鳥の写真を撮影し、貴重な資料とした。日本における野鳥撮影の第一人者である。[2] [3]

14年をかけたて完成させた「清棲図鑑」と呼ばれる『増補改訂版・日本鳥類大図鑑全3巻、増補版1巻』は戦後最高の鳥類図鑑で名著と名高く、 黒田長禮による『鳥類原色大図説』、山階芳麿による『日本の鳥類と其の生態』と並び、日本鳥類三大図鑑と呼ばれ、大くの鳥類学者に影響を与えた。[4]

那須塩原市により、塩原温泉ビジターセンターに、清棲幸保博士を紹介する「清棲コーナー」が設けられている。[5]

生涯編集

1901年明治34年)2月28日真田伯爵家・旧松代藩主、真田幸民の三男として東京府東京市麻布区材木町(現在の東京都港区六本木)に生まれる。

真田家の祖先には、真田信繁(幸村)がいる。また幸民の実父は、伊予国宇和島藩8代藩主で、伊達伯爵家伊達宗城

学習院初等科の頃から、昆虫採集や鳥の標本作成に興じる。学習院では成績優秀かつ容姿端麗で知られた。

学習院高等科を卒業。

東京帝国大学理学部動物学科に入学。

在学中、伏見宮家出身の貴族院議員宮中顧問官清棲家教伯爵の養子となり、1923年大正12年)に養父の死に伴って22歳で家督を相続、同年8月10日に伯爵を襲爵した[1][6]

東京帝国大学卒業。

卒業後、1927年昭和2年)まで徳川義親 侯爵が設立した徳川生物学研究所の研究員となる。 (1924年(大正13年)4月17日付『朝日新聞』で、徳川らと共に紹介されている)[7]

1925年(大正14年)、伏見宮博恭王の第二王女・敦子女王と結婚。敦子との間に二男二女をもうける。[8]

1932年(昭和7年)、農林省畜産局鳥獣調査室に奉職。 併せて、京都帝国大学大学院川村多実二に師事し、鳥の生理学的研究を行う。

1936年(昭和11年)、最初の妻・敦子と死別。享年30歳。[9]

1942年(昭和17年)、文部省資源科学研究所にて、極東地域の鳥の生態を研究。

1947年(昭和22年)に清棲みつと結婚。[10]みつとの間に、地球惑星科学者 / 地球宇宙化学者として富山大学教授などを歴任した清棲保弘[11][12]鳥類学者清棲保之など三男一女をもうける。

1954年(昭和29年)、宇都宮大学講師。のち助教授をへて、教授。1964年(昭和39年)に教授を退官。

1956年(昭和31年)5月4日、博士論文「日本鳥類の生態に関する研究」により理学博士京都大学)を取得。

1975年(昭和50年)11月2日老衰のため東京都目黒区の自宅で死去。74歳没。喪主は妻みつ。

代表的な著作に名作と名高い『日本鳥類大図鑑』全3巻(1952年、講談社)や『原色日本野鳥生態図鑑1 2』がある。 他にも『野鳥の事典』、『日本北アルプスの鳥』、『花・鳥・虫・写真随筆』など多数。 みつとの間の子である保之も鳥類学者であり、1974年(昭和49年)には共著として『渡り鳥』(保育社)を出版している。[13]

功績編集

1937年(昭和7年)、上高地で、本州以南で初めてのコガモの繁殖を確認する。[14]

栄典・受賞編集

[18]

家族・親族編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 下村兼史共著『野鳥生態写真集』第1輯、芸艸堂、1940年。NDLJP:1687923 
  • 本田正次共著『原色高山植物』三省堂出版、1953年。NDLJP:1375198 
  • 清棲保之共著『渡り鳥』保育社〈カラー自然ガイド〉、1974年。全国書誌番号:69000814

エピソード編集

・清棲幸保は容姿端麗で学業優秀で学習院初等科から知られていた。没後日本テレビの番組では、死別した前妻の敦子は美貌の皇族令嬢として知られ、また後妻のみつも大変な美貌で評判であったというエピソードが紹介された。

・清棲図鑑は、日本の鳥類の生態について初めて詳しく示した図鑑であったため、反響を呼んだ。 後に鳥類学者で東京大学名誉教授になる樋口広芳は、高校生の時に清棲図鑑を図書館で読み、衝撃をうけ、「よし、絶対、鳥類学者になるぞ、と思った。大学は迷わず(幸保が教授をしている)宇都宮大学へ。」と決意したと語っている。[22]

脚注編集

  1. ^ a b c 霞会館[1996: 529]
  2. ^ https://kotobank.jp/word/清棲%20幸保-1643768
  3. ^ 山階芳麿「清棲幸保博士の思い出」 (内田清之助・清棲幸保両博士追悼号)日本鳥学会 ISSN 00409480)
  4. ^ 日本鳥類三大図鑑についてhttp://strix.in/blog/index.php?itemid=663
  5. ^ http://www.city.nasushiobara.lg.jp/31/001927.html
  6. ^ 『官報』第3310号、大正12年8月11日。
  7. ^ ^ a b c d e 科学朝日 1991, p. 196. 科学朝日『殿様生物学の系譜』科学朝日、朝日新聞社、1991年。ISBN 4022595213
  8. ^ https://kotobank.jp/word/清棲敦子-1070926
  9. ^ https://kotobank.jp/word/清棲敦子-1070926
  10. ^ 日本テレビ おもいッきりイイ!!テレビで殿様学者として紹介される
  11. ^ https://researchmap.jp/read0045453/
  12. ^ http://www.sci.u-toyama.ac.jp/_files/research/result/paper6.pdf
  13. ^ https://www.amazon.co.jp/渡り鳥-カラー自然ガイド-清棲-幸保/dp/4586400196
  14. ^ http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/180
  15. ^ 『官報』第3310号、大正12年8月11日。
  16. ^ 『官報』第4134号「叙任及辞令」1926年6月5日。
  17. ^ 栃木県文化功労者表彰受章者一覧 http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/education/bunka/geijyutsu/documents/03hyosyouroku.pdf
  18. ^ https://prizesworld.com/prizes/name/清棲幸保
  19. ^ https://researchmap.jp/read0045453/
  20. ^ http://www.mitabungaku.jp/arshi_132.html
  21. ^ https://twitter.com/ni_ka/status/1226462667541377024?s=21
  22. ^ 「これまでの研究生活を振り返って」樋口広芳 http://ornithology.jp/katsudo/Letter/no34/OL34.html

参考文献編集

(内田清之助・清棲幸保両博士追悼号)

関連文献編集

  • 科学朝日「11 わが国山岳鳥類研究の草分け−清棲幸保」『殿様生物学の系譜』科学朝日、朝日新聞社、1991年、141-152頁。ISBN 4022595213
  • 山階, 芳麿「清棲幸保博士の思い出」『鳥:日本鳥学会誌』第25巻第99号、1976年6月、 8頁、 NAID 40002757017
日本の爵位
先代:
清棲家教
伯爵
清棲家第2代
1823年 - 1947年
次代:
華族制度廃止