メインメニューを開く

権藤 正威(ごんどう まさたけ、1902年7月14日[1] - 1943年6月24日)は、日本の陸軍軍人である。最終階級は陸軍少将

権藤 正威
生誕 1902年7月14日
Flag of Japan (1870–1999).svg大日本帝国 福岡県
死没 1943年6月24日
モロッコ沖
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

福岡県出身[1]陸軍士官学校の第35期生、陸軍大学校の第47期生だった権藤は、1940年12月に山下奉文陸軍中将とともにドイツへ軍事視察に行った。翌1941年、権藤は駐在武官補佐官としてイタリアへ異動した。

日本が太平洋戦争へ突入すると、日本は同盟国であるドイツやイタリアとともに遣独潜水艦作戦、遣日潜水艦作戦を発動する。1943年6月にイタリアから日本に向けて行われた遣日作戦において、権藤はイタリア海軍潜水艦バルバリーゴへ乗艦したが、1943年6月24日にイギリスの哨戒機の攻撃に遭いバルバリーゴは沈没、権藤も戦死した。死後少将に昇格した。

脚注編集

  1. ^ a b 『日本陸軍将官辞典』319頁。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。

関連項目編集