横山 康玄 (よこやま やすはる、天正18年(1590年) - 正保2年9月18日1645年11月6日)) は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将加賀藩家老。加賀八家横山家第3代当主(名目上)[1]

父は加賀藩家老横山長知。母は前田長種の養女(長種の妹)。正室は高山右近の娘。継室は今枝直恒の娘。子は横山忠次横山康次奥村庸礼室、横山武右衛門室。幼名は三郎。通称は大膳。

天正18年(1590年)、前田家家臣横山長知の子として越中守山に生まれる。慶長2年(1597年)、8歳で初めて前田利長に拝謁する。慶長9年(1604年)、知行1000石を与えられる。慶長19年(1614年)、父長知が前田家を退身したため、同行し京都山科に居住する。同年大坂冬の陣が起こると父が前田家に帰参し、康玄も大津にて主君前田利常に拝謁して帰参・出陣する。元和元年(1615年)、大坂夏の陣に再び出陣し、四宮右五衛門を討ち取る戦功を挙げる。元和2年(1616年)、功を称され家老となり、4000石の加増を受ける。寛永8年(1631年)、主君前田利常が幕府より謀反の嫌疑を受けた際、老中土井利勝に弁明してその嫌疑を晴らす。その功績で4000石の加増を受け、合わせて禄高9000石となる。後に、父の所領の一部を譲られて15000石に至った。正保2年(1645年)9月18日、金沢に没す。享年56。墓所は石川県金沢市野田山墓地。父長知に先立って没したため、家督は嫡男の忠次が嫡孫承祖した。

富田重康(富田重政次男)より富田流の剣術を学んだ。

脚注編集

  1. ^ 「加賀八家「殿様」たちの末裔 藩主支えた絆 旧男爵家の誇りは今も」『月刊北国アクタス』2014年8月号

参考文献編集