メインメニューを開く

横山 隆治(よこやま りゅうじ、1958年9月29日 AB型- )は、日本の実業家

よこやま りゅうじ
横山 隆治
生誕 (1958-09-29) 1958年9月29日(60歳)
日本の旗 日本 静岡県清水市(現静岡市清水区)
出身校 青山学院大学文学部英米文学科
職業 デジタルインテリジェンス代表取締役

目次

略歴編集

  • 1982年青山学院大学文学部英米文学科卒業。同年、株式会社旭通信社(現アサツー ディ・ケイ 略称:ADK)に入社。インターネット広告がまだ体系化されていなかった1996年に、日本国内でメディアレップ事業を行う専門会社「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(略称:DAC)」を起案し、博報堂とADKなどとの共同事業で同社を設立[1]、代表取締役副社長に就任する。2001年にDACを上場させる[2]
  • その後、当時まだ日本にはあまり無かったインタラクティブエージェンシーの設立を目指し[3]、2006年7月より「ADKインタラクティブ」事業を立ち上げ、COOとして指揮を執る。2008年に「株式会社ADKインタラクティブ」として法人化、代表取締役社長となる。2010年9月にデジタルマーケティングのコンサルティンググループである「デジタルコンサルティングパートナーズ」を結成し主宰となり、翌2011年7月にデジタルマーケティング・コンサルティングを行う「株式会社デジタルインテリジェンス」の代表取締役として活動を開始する。
  • 2014年4月、インターネットイニシアティブ(IIJ)や富士通総研などと連携し、個人の買い物履歴などのビッグデータを他社と互いに活用しあえる専門組織「データエクスチェンジ・コンソーシアム」の設立を発表[4]。また、同年5月「ベスト・イン・クラス パートナーズ」も発足させる[5]
  • インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論化、体系化に取り組み、企業のマーケティングメディアをPOE(ペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディア)に整理する「トリプルメディア」の考え方を日本に紹介するなど[6]、長年にわたりインターネット広告、デジタルマーケティングに関する著書を多く発表している。

著書編集

  • 「最新ネット広告ソリューション」日経BP社(2000年)
  • 「インターネット広告革命」宣伝会議(2005年)
  • 「Mobile2.0」インプレスジャパン(2006年)
  • 「究極のターゲティング゙―次世代ネット広告テクノロジー」宣伝会議 (2006年)
  • 「次世代広告コミュニケーション」翔泳社(2007年)
  • 「トリプルメディアマーケティング」インプレスジャパン(2010年)
  • 「ポスト3.11のマーケティング」朝日新聞出版(2011年)
  • DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門」インプレスR&D(2012年)[7]
  • 「ビッグデータ時代の新マーケティング思考」ソフトバンククリエイティブ(2012年)
  • 「データ・マネジメントが広告の基盤となるDMP:本格化するデジタル・マーケティング 」HBR7月号特集:広告は変われるか」(2013年)
  • 「顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門」インプレスR&D (2013年)
  • 「広告ビジネス次の10年」翔泳社(2014年)
  • 「オンラインビデオ広告入門」インプレスR&D (2014年)
  • 「新世代デジタルマーケティング」インプレス(2015年)
  • 「リアル行動ターゲティング」日経BP社(2015年)
  • 「CMを科学する」宣伝会議(2016年)
  • 「届くCM、届かないCM 視聴率=GRPに頼るな、注目量=GAPをねらえ」翔泳社(2017年)

執筆・連載編集

対談・インタビュー編集

出典編集

外部リンク編集